So-net無料ブログ作成

フィールズ第29回定時株主総会@w@! [株主総会]

【注意】 株取引はご自身の判断と責任で行っていただきますようお願いします。
-----------------------------------------------------------------------
いやぁ~どうもです(≧∇≦)

フィールズ第29回定時株主総会へ行ってきました。
fields_20170622_kabunusisoukai_v5.png
株主総会は昨年と同じく渋谷にある「セルリアンタワー東急ホテル」で開かれ、
400人ほどの株主さんが出席してました。フィールズの前期業績は決算考察
で取り上げていないため、簡単に数値だけ見ておきたいと思います。
-----------------------------------------------------------------------
■平成29年3月期決算(平成28年4月1日~平成29年3月31日)
売上高    :   766.68億円
営業利益  :  -53.74億円
経常利益  :  -90.68億円
通期純利益 : -124.83億円

■今期会社予想(平成29年4月1日~平成30年3月31日)
売上高    :   820.00億円 ~ 850.00億円 (レンジ決算)
営業利益  :    10.00億円 ~  20.00億円 (レンジ決算)
経常利益  :     0.00億円 ~  20.00億円 (レンジ決算)
通期純利益 :     0.00億円 ~  10.00億円 (レンジ決算)

株主総会ではまず業績悪化を受け陳謝した上で、フィールズのおかれている
現状と今後について、繁松社長と吉田専務から1時間ほど説明がありました。
いろいろと参考になったので、内容を掻い摘んでお伝えします(`・ω・´)
-----------------------------------------------------------------------
前期の遊技機販売は市場平均ベースを上回る結果だったものの、2016年の
規則変更に対して開発の対応が遅れ、遊技機のラインナップに支障をきたして
販売が伸び悩んだ。収益悪化は外部環境だけではなく、PS/クロスメディアを
展開していくにあたって内部プロセスにも問題があった。3年の中期経営計画
を策定し、最初の1年で黒字化に向けた足場を作っていく。

これまで開発してきた版権機に対して、当初の販売予測とかなりGAPがあり、
IP毎にどれだけ利益を生むのか改めて精査しなければならい。自社IPは将来
の種だが、取捨選択しなければならず、今後130%以上の回収ができないIP
には投資をやめる。また、特定のIPに依存しない収益構造を目指していく。

今後の見通しとして、全国パチンコホールの設備投資は2018年まで徐々に
減少していくものの、2019年には規制も落着き増加へ転じる可能性がある。
フィールズには販売シェアを上げられる潜在能力があり、ニューギンとの業務
提携に加え、新たにサミーとも販売に関する基本契約を結ぶ事になった。これ
からも株主の皆様にはご支援いただきたい。

~質疑応答~ (注意:言葉にはニュアンス的な表現も含まれています。)
-----------------------------------------------------------------------
■質問者:株主さん
総会資料のパートナーメーカーにユニバーサル(ミズホ)が載ってなかったが、
どういう関係なのか教えてほしい。

■回答者:繁松社長
ユニバーサルとはフィールズのPB(プライベートブランド)を展開していくため、
7年ほど前から話をしてきてミズホとの資本契約を結んできたが、規則変更に
よって開発が遅れた事でユニバーサルとフィールズの考えにズレが出てきた。
今後も販売は続けていくものの、今期計画分として含めてないため、資料には
載せなかった。

■補足:総会後にIR担当さんから話を聞いてきました(`・ω・´)
遊技機開発でユニバーサルさんと方向性の違いがあり、現在開発中(複数有)
の製品以降は未定となっている。開発費の問題や販売スケジュールで折合い
がつかず、両社で話し合って開発保留(ベンティング)を決めた。ただし、ミズホ
との資本関係は今後も変わる予定はない。

■質問者:株主さん
「ソウルオブセブンス(スマホゲーム)」のサービス終了について、どういう経緯
で中止したのか教えてほしい。

■回答者:繁松社長
シューティングはスマホゲームとしての収益化が難しく、一旦クローズしようと
いう結論に至った。申し訳ありません。

■質問者:株主さん
フィールズの事業は多岐にわたり、専門性の高いものばかりだと思うが、社員
の平均年齢が若く、問題ないのか聞きたい。

■回答者:繁松社長
遊技機販売は新卒をとってトップ営業マンに育てていくが、開発は中途採用が
多く、そういった社員に対する教育のノウハウがないため、そこを強化していく
必要がある。クロスメディア向けも新卒をとっているが、好きな業務につけない
とやめる人が多く、その分だけ離職率も高くなっている。

■質問者:株主さん
もっと配当性向を上げてほしい。

■回答者:繁松社長
配当は安定配当を目指しており、増配できるように頑張っていきます。

■質問者:株主さん
カジノについて、どう考えているのか聞きたい。

■回答者:繁松社長
今のところは何もしてないが、オペレーターとしてではなく、演劇やVR施設の
ような関連事業として進出する可能性はあるかもしれない。ただ、まずはパチ
ンコホール様を第一に考えていく必要がある。

■質問者:株主さん
「アトム ザ ビギニング」について、映画化など考えているのか教えてほしい。

■回答者:繁松社長
平均視聴率で1.8%を取っており、50代から60代の視聴者が多いと聞いて
いる。アニメは海外向けに輸出しており、グッズは11社から販売されている。
その他のクロスメディア展開も検討していきたい。

■質問者:株主さん
暫定大株主となっている「日本バリューインベスターズ」と「ダルトンインベスト
メンツ」について、現在も保有したままなのか教えてほしい。

■回答者:繁松社長
両社とも個別にヒアリングを実施し、フィールズの事を良く理解した上で投資
してもらっており、現在も変わりないと思う。

~気になったポイント~
-----------------------------------------------------------------------
①パチンコ業界に対する規制問題は、2018年でほぼ収束すると思われる。
②パチンコホールの設備投資は、2019年から増加していく可能性がある。
③遊技機開発で、ユニバーサルとフィールズの考え方にズレが生じている。
④ミズホとの共同開発は一旦白紙に戻し、再開するかは未定となっている。
⑤ミズホとフィールズの資本関係は、今後も継続される。
⑥一部の機種で、サミーとの販売契約(独占代理店)が復活した。
-----------------------------------------------------------------------
ミズホについては、フィールズの企画持込みがなければ資本を持合う利点が
ユニバーサル側にないため、次回契約更新時に資本解消を迫られるロデオ
パターン(ただし販売契約は継続)になると思っています((((;゜Д゜)))

昨年、社員さんに話を伺った時はコスト削減を意識した変化があったと聞いて
ましたが、今期になって更に収益性を意識した経営に移っていると感じました。
サミーとの販売契約が復活し、遊技機メーカーの流通全てを請負うシナリオも
見えてきています。パートナー企業を増やし手数料ビジネスで稼いでいく考え
は方向性として間違ってないよね。

最後に、御土産の画像など、、、(≧∇≦)
-----------------------------------------------------------------------
DSC_3821.png
あまり期待してなかったけど、いろいろと勉強になる話も聞けて大満足デス。

DSC_3789.png
今年も軽食サービスがあり、めっちゃ美味しかったよ(゚∀゚)

DSC_3857.png
帰りにお土産をいただきました。

DSC_3847.png
気になる中身はGIOIA(ジオイア)とコラボレーションした高級ワインだったよ。
フィールズさん、ありがとうございます。

fields_20170622_kabunusisoukai_v4.png
GIOIAさんのHPで価格を調べてみたら、7878円~27870円となっていて
余裕で1万円ぐらいしちゃいそうな雰囲気でした((((;゜Д゜)))

次回は、「ユニバーサルの株主総会に行ってきたよ」をお送りします@w@ノシ

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。