So-net無料ブログ作成
検索選択
カジノ考察 ブログトップ

カジノ法案でパチンコ関連株はどう動いたのか@w@? [カジノ考察]

【注意】 株取引はご自身の判断と責任で行っていただきますようお願いします。
-----------------------------------------------------------------------
いやぁ~どうもです。

統合型リゾート整備推進法案(IR法案)が12月2日の衆院内閣委員会で可決
し、12月6日の衆院本会議でも無事に可決しました。現在、国会で審議されて
いる法案はカジノを含む統合型リゾートの整備を促す推進法案であり、実際に
カジノを導入するためには実施法案の成立を目指さなければならないものの、
大きな足がかりとなった事は間違いありません。

現実的には当分先の話になると思いますが、日本でカジノが認められた場合、
最も影響を受けるのはパチンコ業界だと考えています。カジノ自体は既にある
公営ギャンブル(競馬、競輪、競艇、オートレースなど)と同じような位置づけに
なり、ゲーム性やユーザー属性も異なる事からお客さんの奪い合いに繋がる
可能性は低く、そのあたりの影響は限定的でしょう。

しかし、警察庁で管轄する場合、カジノでの換金は認めてパチンコでの換金は
認めないというのは整合性が取れず、今後カジノ法案が進展すればするほど、
パチンコ合法化(正しくは換金合法化)に向けた流れは強まると思っています。
もしそうなれば、新規格のECO遊技機や新基準パチスロ機に切り替える必要
があり、資金力のない中小法人は撤退を余儀なくされて寡占化が進み、大手
法人は合法化によって続々と株式上場してくる可能性もありそうデス。

ではここで、カジノ法案の進展を受けて、パチンコ関連株はどう動いたのか?
といったあたりを今後の見通しも含めて考察していきたいと思います(`・ω・´)

-----------------------------------------------------------------------

■セガサミーホールディングス
6460_20161210_v1.png
12月2日のお昼ごろに衆院内閣委員会でIR法案が可決し、材料出尽くしから
一時は売られたものの、その後は強い動きで再び高値を取りに行っています。
カジノという大きなテーマもありますが、業績の良さを買われた動きだと思って
問題ないでしょう。セガサミーは国内カジノにおける最有力候補と考えていて、
提携先のパラダイスカジノ仁川(韓国)に多くの社員さんを派遣してノウハウを
蓄積していると、IR担当さんから伺っています。来年4月にはパラダイスシティ
の開業も控えており、国内カジノというビックテーマも控えている事から、長期
では時価総額1兆円(株価3800円)を狙ってみたいデス(`・ω・´)

-----------------------------------------------------------------------

■ユニバーサルエンターテインメント
6425_20161210_v1.png
衆院内閣委員会でIR法案が可決し、3300円を伺うところまで上がりましたが
その後は材料出尽くしで売られています。多くの個人投資家がオカダマニラの
開業日を狙って買い込んでいるため、このまま素直に上がるとも思えず、実際
の利益ベースを把握するまで大きく上がる事はないのかな?と思っています。
ポテンシャルは高い銘柄なので、安いところでは拾っておきたいよね。

-----------------------------------------------------------------------

■平和
6412_20161210_v1.png
IR法案に連動している様子も見られますが、他の銘柄と違って買われており、
強い相場となっています。アコーディアゴルフの公開買付けによる上場廃止で
優待目的の長期資金が流入している事も影響していそうデス。ここまで強いと
嬉しさよりも、たくさん仕込めなかった悔しさの方が大きいよね>w<;

-----------------------------------------------------------------------

■藤商事
6257_20161210_v1.png
カジノ法案には連動せず、配当利回りを意識した相場が続いているようデス。
出来高をこなしながら買われており、大人の長期資金が流入している様子も
伺えますが、現段階で年率4.57%に落ちているため、そろそろ売り抜けよう
と考えています。

-----------------------------------------------------------------------

■SANKYO
6417_20161210_v1.png
以前からカジノに興味がない事を公言しているSANKYOですが、法案絡みで
少しだけ連動している様子も見られます。指数的に割高でも底打ちした銘柄を
空売りする勇気はなく、2Q決算で業績悪化も織込んでいるためこのまま期末
まで行くかもしれません。

-----------------------------------------------------------------------

■日本金銭機械
6418_20161210_v1.png
ここは、野村、みずほ、モルガンの3社が空売りしていて、衆院内閣委員会で
可決したところがターニングポイントになりました。前場でだいぶ買われていた
事もあり、この日の出来高は400万株を超え、長い上髭となった高値圏では
かなりのシコリを残していると思われます。ただでさえ超割高なのに、カジノが
材料にされないなら買う理由は1つもなく、信用期日(来年6月ごろ)に向けて
空売りしておけば良いような気がします。

-----------------------------------------------------------------------

■オーイズミ
6428_20161210_v1.png
木曽さんの記事で「カジノ関連株じゃない!」と名指しされたのにも関わらず、
ガッチリ連動していてカジノ銘柄の本領を発揮しています。個人的には日本
金銭機械やテックファームのように割高な水準まで買われている銘柄よりも
オーイズミの方がまだ魅力的に感じます。ただし、株価は長い上髭をつけて
売られており、ここから高値を取りに行く可能性は限りなく低いよね>w<;

-----------------------------------------------------------------------

■テックファームホールディングス
3625_20161210_v1.png
パチンコ関連ではないものの、個人投資家が大好きなカジノ関連の代表格と
されるテックファームも見ておきたいと思います。ここは株価が跳ね上がる度
に増資していて今回も10月に26.5億円分を刷っています。これでもだいぶ
下がったように感じますが、時価総額で100億円を超えており、成長を信じて
投資している人の気が知れません。株価500円でも高過ぎだよね。

ではぁ@w@ノシ

訂正とお詫び@w@; [カジノ考察]

【注意】ブログ&HPの内容による利益損益に関しては、一切の責任を負いません。
-----------------------------------------------------------------
いやぁ~どうもです。

前回のブログでWYNN社の決算をみてきましたが、カジノに適用される会計基準
を誤っており、お客さんの投資額がそのまま売上げとして計上されるのではなく、
純粋にお客さんがカジノで負けた金額分(いわゆる粗利益)を計上していることが
わかりました((((;゜Д゜)))

誤り : 売上げ=お客さんの投資額 (一般的にホール決算で適用される売上げ)
正解 : 売上げ=お客さんの投資額-換金額 (カジノ決算で適用される売上げ)

よって、「カジノ運営=利益率が高い」としてきましたが決してそうではなく、決算
の数値以上にモノ凄い売上げがあり、利益率だけでいうとパチンコ営業よりもやや
高いぐらいに収まると思われます。実は業界第2位のダイナムさんが昨年度から
売上高をなくして営業収入(粗利益)という形で決算を発表しており、1パチなどの
低貸出し営業による売上げの減少を避けるためかと思ってましたが、カジノ基準
(国際会計基準)に合わせる狙いがあったようデス。

セガサミーやユニバーサルの既存事業に加え、WYNN社の利益率を参考にして
国内カジノの利益をシミュレートしたら夢のある投資ネタになると考えてましたが、
カジノの粗利率が見えてこないため中止とします。申し訳ありません(T∀T)

そのうち適当なネタでもあげると思います。ではぁ@w@ノシ

【カジノは儲かるのか?】 ウインリゾーツ社(WYNN社)決算考察@w@! [カジノ考察]

【注意】ブログ&HPの内容による利益損益に関しては、一切の責任を負いません。
-----------------------------------------------------------------
いやぁ~どうもです。

以前、「国内カジノで大きく儲けたいなら運営側になることが絶対条件@w@!」
という話を書きましたが、経済効果は2兆円とも3兆円とも言われるカジノリゾート
において運営側がどれだけの収益を出すことができるのか、なかなか見えにくい
ところであり、投資家なら最も気になる部分だと思います。

そこで今回から2回に分けて、カジノリゾートの収益性について考察してみたいと
思います。まずは、実際にカジノを運営している企業がどれくらい儲けているのか
見ていきましょう(`・ω・´)

現在、国内企業では唯一セガサミーの関連会社(パラダイス社との合弁会社)が
韓国で小さなカジノホテルを営んでますが、経営権の取得から半年も経ってなく
参考にならないため、カジノリゾートの運営会社として世界的に知られ、日本では
ユニバーサルの宿敵として知られているウインリゾーツ社(WYNN社)をベースに
考えてみましょう。

その前に、ウインリゾーツ社を知らないひとも多いと思うので簡単に説明しておくと
米国ラスベガスと中国マカオにおいて大規模なカジノリゾート施設を運営しており、
5758室の高級ホテル、735台のテーブルカジノ、3030台のスロットマシーンに
加えて、劇場やゴルフ場などの娯楽施設も有する巨大企業デス。米国ナスダック
での時価総額は1兆6899億円(ユニバーサルの10倍ほど)になります。

ではここで、ウインリゾーツ社の過去5年分の決算を見てください。(国内企業の
決算と比べやすいように、数値は1ドル=100円で円換算しています。また、ここ
での総収入とは値引等の販促費を差し引いた純売上高のことを指します。)
wynn_kessan_20131020_v2.PNG
昨年度の総収入は5154億円となっており、そのうちカジノ事業だけで4034億円
を計上しています。過去5年間でカジノ事業が占める割合は76.7%で、利益率は
期ごとの浮き沈みが激しいですが、営業利益で17.0%、純利益で6.6%という
高い数値になりました。前に紹介したマルハンさんの営業利益が2.5%、純利益
が1.2%だったことを考えれば過剰な機械代などの違いはあるものの、どれだけ
カジノが儲かる商売なのかわかると思います。(関連記事:マルハン決算考察!

「しかしこれが日本のカジノにも当てはまるのか?」と言われれば、まだ何ひとつ
決まってない現状では絵空事に過ぎませんが、9月末にPTB(パチンコトラスティ
ボード)がホール関係者向けに開いたセミナーでは、「東京/大阪/沖縄の3地域で
カジノが実現すれば、その市場規模は1兆5000億円になる!」という話もあり、
オペレーターとして国から認められた企業はウインリゾーツ社のように膨大な利益
を受ける可能性が高いデス(`・ω・´)

では具体的にセガサミーやユニバーサルがカジノを事業化した場合、どれくらいの
利益を上げることができるのか?そのときの適正株価は一体いくらになるのか?
、、、次回に続きます。(いま書いているので、早めにアップできると思います。)

ではぁ@w@ノシ

【企業アンケート】 カジノについて、どう考えていますか@w@? [カジノ考察]

【注意】ブログ&HPの内容による利益損益に関しては、一切の責任を負いません。
-----------------------------------------------------------------
いやぁ~どうもです。

7月に入ってからパチスロで20万円ぐらい負けてしまい、やる気をなくして3週間
ぶりの更新になりました。設定を考えないで打っていることが1番の原因ですが、
すでに「健全娯楽」と呼ばれる域を超えており、しばらくはレートを5円に落とそうと
思っています。1万円って大金だよ、こんなの絶対おかしいよ!!

、、、そんなわけで、今回も国内カジノについて考察していきましょう(´;ω;`)

カジノ関連銘柄といえば、まず多くのひとがパチンコやパチスロの遊技機メーカー
を思い浮かべると思います。しかし、全ての企業がカジノを好意的にとらえている
のかというと、先月のSANKYOやGCジョイコの株主総会でも話があったように、
「合法化されても検討しない!」と言い切るところまであり、カジノに対する反応は
会社によって様々デス。

そこで、カジノについて話を聞いたことがない遊技機メーカーと設備機器メーカー
を対象にして、下記のような質問メールを送ってみました(`・ω・´)
-----------------------------------------------------------------
現在、国家戦略の1つとしてカジノが注目されていますが、パチンコ業界に関わる
御社としてカジノが合法化された場合に、新たなビジネスチャンスとして進出する
意向は御座いますでしょうか!?誠に勝手ながら、5つの選択肢を書かせていた
だきますので、問題のない範囲でご意見を伺いたいと存じます。

①カジノの運営会社として参入を検討している。
②カジノに関わる機器メーカーとして参入を検討している。
③何をやれるのかわからないが、検討している。
④まだ未定だが、今後検討するかもしれない。
⑤カジノについては全く考えていない。
-----------------------------------------------------------------
経営にも係わることであって期待するような回答は得られないと思ってましたが、
11社中10社から返信があり、なかには今後のパチンコ業界についてコメントして
くれたIR担当様もいて、大変嬉しかったデス。とても参考になると思うので、問題
なさそうな範囲で紹介したいと思います。

■平和 さま
カジノにつきましては、超党派の議員連盟が総会を開いて、カジノ設置を推進する
動きを活発化させております。現時点では、まだ法案も成立しておらず、具体的な
コメントはできない状況にありますが、弊社といたしましては総合レジャー事業の
観点から、法案成立も睨みながら様々な選択肢を積極的に研究、検討してまいり
たいと考えております。

■コナミ さま
当社はゲーミング&システム事業として、カジノ向けのスロットマシンと関連シス
テムをグローバルの市場に向けて製造販売しており、2013年3月期においては
売上高250億円、営業利益56億円の実績を有しております。国内に新しい市場
が出来た場合には既存のビジネスを拡大すべく取り組んでまいります。

■藤商事 さま
カジノ関連につきましては、法案の動向など関心を持っておりますが、構想段階の
域を出ておりませんので、回答を控えさせていただきます。

■フィールズ さま
「③何をやれるのかわからないが、検討している」となります。

■カプコン さま
現時点では検討しておりません。

■オーイズミ さま
弊社としても関心はございますが、現在、具体的な取り組み等はしておりません。
今後、カジノ関連の話が具体性を帯びてきた段階で、改めて検討していきたいと
考えています。

■グローリー さま
弊社では海外のUSA、シンガポール、中国(上海)等のカジノに対して、これまで
現金の計数や分類を行なう通貨処理機を販売してきました。国内にカジノが設立
された場合も、海外と同様に通貨処理機メーカーとして製品やサービスをご提案
する予定です。

■マースエンジニアリング さま
現時点での当社のスタンスといたしましては、「④まだ未定だが、今後検討する
かもしれない」の考えに近いと思います。当社の技術やノウハウで、カジノに関連
する周辺機器の開発は十分可能だと思いますが、現時点で新規参入は考えて
おりません。

■サン電子 さま
ご提示いただいた選択肢をあえて選ぶと、「④まだ未定だが、今後検討するかも
しれない」が近いかと思いますが、まだ不透明な部分も多く、弊社としましても、
きちんとお答え申し上げる段階にはないかと存じます。

■ダイコク電機 さま
具体的な内容が分かっておらず、当社といたしましては情報収集に努めているの
が現状ですので、「③何をやれるのかわからないが、検討している」となります。

今回いただいた答えも加えて、大きく3つのグループに分けてみました(`・ω・´)
-----------------------------------------------------------------
■カジノに参入意思のある遊技機関連メーカー
ユニバーサルエンターテインメント(運営)
セガサミーホールディングス(運営)
平和(運営)
コナミ(運営+設備機器)
グローリー(設備機器)
日本金銭機械(設備機器)

■カジノに関心をもっている遊技機関連メーカー
藤商事
フィールズ
オーイズミ
ダイコク電機
サン電子
マースエンジニアリング
アドアーズ

■カジノに参入意思のない遊技機関連メーカー
SANKYO
ゲームカードジョイコホールディングス
カプコン

カジノについては、まだ多くの企業が検討段階であるものの、平和やグローリーは
かなり前向きに考えている印象を受けました。どちらもカジノ関連としてはイメージ
されにくい銘柄なので、いまのうちに仕込んでおくのも悪くないかもしれません。

利益損益に関しては、一切の責任を負いません。投資はご自身の判断でお願い
します。ではぁ@w@ノシ

【本命はユニバーサル?】 国内カジノについて考察する@w@! [カジノ考察]

【注意】ブログ&HPの内容による利益損益に関しては、一切の責任を負いません。
-----------------------------------------------------------------
いやぁ~どうもです。

いま日本の新たなレジャー産業として、カジノが注目されています。ひと昔前なら
「カジノ=ラスベガス」というイメージでしたが、近年ではマカオやシンガポールを
はじめとするアジア圏のカジノが大きく伸びており、日本からも毎年多くの観光客
が足を運んでいます。

カジノ産業は、地域経済を活性化させ、それが税収に繋がり、国を豊かにします。
言い方は良くないですが、海外の観光客や富裕層から手っ取り早くお金を取れる
産業がカジノであり、そこから波及する経済効果も踏まえると、国内景気に与える
影響は計り知れません(`・ω・´)

これまで日本経済を強く支えてきた「ものづくり産業」が衰退の一途を辿るなかで
カジノに期待を寄せる意見も多く、国際観光産業振興議員連盟(略称:IR議連)に
名を連ねる政治家たちも、合法化に向けて着々と動き出しています。ただ現状は
もっと先に解決しなければならないパチンコの換金問題(パチンコ合法化)もあって
簡単にはいかないと思いますが、そう遠くない未来にカジノができても不思議では
ないでしょう。

では実際にカジノが解禁された場合、最も儲かる企業はどこでしょうか@w@?

海外の主要なカジノリゾートを参考にすると、カジノ以外にもショッピングモールや
宿泊施設をはじめ、大規模なリゾート施設が併設されており、そのほとんどが1つ
の企業を中心にして運営されています。おそらく、日本でカジノをやる場合も似た
ような構造になると思われますが、国が認めた「カジノ特区」での運営となるため
1社による独占は考えにくく、個人的には大型観光施設の一部としてカジノが組み
入れられると予想しています。

従って、これはカジノに限られた話になりますが、合法化で利益を受けられる業種
は次の2つに分類されます。1つはカジノ機器メーカー、もう1つはカジノ運営会社
デス(`・ω・´)
cajino_model_v3.PNG
相関図で表すとこんな感じになります。もうちょっと詳しくみていきましょう。

①カジノ機器メーカー
-----------------------------------------------------------------
主にビデオポーカーやスロットマシーン、両替機などを取り扱っているところであり
カジノができれば真っ先に儲かりそうですが、国の厳しい許認可事業となるため、
希望した企業が好き勝手に営業できるわけでなく、販売市場は限られています。
おそらく全国で5箇所程度になると思われ、これなら全国で450万台の遊技機が
設置されているパチンコ市場で頑張ったほうが、まだ利益になるレベルです。

②カジノ運営会社
-----------------------------------------------------------------
いわゆる胴元であり、INとOUTのバランス(還元率)さえ管理できてれば、膨大な
売上げとそれに応じた利益が100%約束されています。一見、カジノとパチンコは
異なるように見えますが、構造的には時間消費型レジャーと変わらず、お客さまの
滞在時間が長ければ長いほど利益が積みあがっていきます。

よってカジノを主力事業として高い利益を目指すなら、まずは運営側になることが
絶対条件となります。ただ先ほども書いたように、どの企業でもやれるわけでなく
これまでの業績や財務、会社規模、カジノの運営能力、事業計画の実現性など、
厳しい審査に合格しなければならず、かなり狭き門といえます。例えばよく話題に
あがるオーイズミが運営する立場になれるのかといえば、それは会社の規模から
考えても100%無理でしょう((((;゜Д゜)))

それらを勘案した結果、自分の狭い見識のなかですが、以下の5社が有力候補に
なるとみています。(注意:記載順=可能性が高い順番ではありません。)
-----------------------------------------------------------------
①ユニバーサルエンターテインメント
②セガサミーホールディングス
③コナミ
④マルハン(非上場)
⑤ダイナムジャパンホールディングス(KDR上場)

本命はユニバーサルと言いたいところですが、可能性の高さから言えば最有力は
セガサミーだと思います。あと、ここには書いてませんが平和も参画の意向がある
ようデス。(利益損益に関しては一切の責任を負いません。投資はご自身の判断
でお願いします。)

今回から新たに「カジノ考察」のカテゴリーを作ってみたので、暇なときにあれこれ
書いていきたいと思います。ではぁ@w@ノシ

カジノ考察 ブログトップ