So-net無料ブログ作成
検索選択
決算考察 ブログトップ
前の10件 | -

【2017年3Q決算③】 パチンコ関連株 決算考察@w@! [決算考察]

【注意】 株取引はご自身の判断と責任で行っていただきますようお願いします。
-----------------------------------------------------------------------
いやぁ~どうもです。

藤商事の3Q決算考察において、4Qでの販売見通しを約3万台としましたが、
「CR緋弾のアリア2」が想定よりも伸びず1万台で止まったため、赤字縮小の
シナリオを撤回し、通期見通しは会社予想と同じぐらい(純利益-19億円)に
訂正させていただきます。

では大変遅くなりましたが、平和とダイコク電機の3Q決算を考察していきたい
と思います(`・ω・´)


平和
-----------------------------------------------------------------------
■平成29年3月期第3四半期(平成28年4月1日~平成28年12月31日)
売上高    : 1495.02億円 (進捗率:72.9%)
営業利益  :  358.34億円 (進捗率:91.9%)
経常利益  :  353.70億円 (進捗率:93.8%)
3Q純利益  :  234.17億円 (進捗率:78.1%)

■今期会社予想(平成28年4月1日~平成29年3月31日)
売上高    : 2052.00億円
営業利益  :  390.00億円
経常利益  :  377.00億円
通期純利益 :  300.00億円

≪遊技機販売の進捗状況≫ 計画見直し:無
heiwa_20170227_v1.png
※営業利益と純利益には、遊技機事業以外の損益も含まれています。

≪主な販売タイトル≫
heiwa_20170227_sales_v1.png
「CR烈火の炎2(甘デジ)」と「CRドラム黄門ちゃま(甘デジ)」については、2Q
計上分から1Q計上分を差引いた数値を販売台数としています。「CRルパン
三世 Lupin The End」は74360台となっていますが、IRフェアで社員さんに
聞いているとおり、4Qで5000台ほど増産していると思われます。

■業績考察
昨年10月に導入された「CRルパン三世 Lupin The End」が新基準機であり
ながら、導入直後は立ち見ができるぐらい稼働が良く、7万台を超える売上げ
となりました。ゴルフ事業は前年に比べて減収減益となったものの、営業利益
ベースで121億円を稼ぎ出し、安定感のある経営が続いています(`・ω・´)

4Qは導入実績ベースとして「CR戦国乙女 花」が約1.9万台、「弱虫ペダル」
が約9500台、「CR弱虫ペダル」が約6000台、「JAWS SHARK PANIC」
が約5400台、「CRルパン三世 Lupin The End」の追加販売が約5000台
となっており、この他に「CRルパン三世 Lupin The End(甘デジ)」、「ゼクス
イグニッション」、「CRシティーハンター XYZ 心の叫び」が予定されています。
「CR戦国乙女 花」以外は大量導入が期待できないため、合わせても6万台を
少し上回るぐらいに留まりそうデス。

平和は通期見通しとして純利益300億円を見込んでいますが、期末にかけて
利益を落としやすい傾向が見られるため、下方修正も視野に入れて250億円
~270億円を想定しています。株価は1Q決算後から上昇傾向が続いており、
下値を切上げながら3000円の大台を突破しました。あまりにも強すぎてやや
懐疑的な目線で見てしまいますが、これでもPER11.5倍(純利益260億円)
しかなく、水準訂正による株価上昇であれば何も問題ありません。ただ、万年
割安株として有名な平和にまで資金が流れてくるようだと、上昇相場の限界も
そう遠くない気がするよね((((;゜Д゜)))


ダイコク電機
-----------------------------------------------------------------------
■平成29年3月期第3四半期(平成28年4月1日~平成28年12月31日)
売上高    : 333.96億円 (進捗率: 81.5%)
営業利益  :  17.51億円 (進捗率:583.7%)
経常利益  :  18.89億円 (進捗率:377.8%)
3Q純利益  :  12.16億円 (進捗率:608.0%)

■今期会社予想(平成28年4月1日~平成29年3月31日)
売上高    : 500.00億円 ⇒ 410.00億円 (下方修正)
営業利益  :  10.00億円 ⇒   3.00億円 (下方修正)
経常利益  :  10.00億円 ⇒   5.00億円 (下方修正)
通期純利益 :   6.00億円 ⇒   2.00億円 (下方修正)

≪遊技機販売の進捗状況≫ 計画見直し:有(2回目)
daikokudenki_20170227_v1.png
※営業利益と純利益には、遊技機事業以外の損益も含まれています。

≪CRユニット販売の進捗状況≫
daikokudenki_20170227_crunit_v6.png
全国数値はダイコク電機、ゲームカード、ジョイコ、ユニバーサル、オーイズミ、
マースエンジニアリング、グローリーナスカの7社合計から算出しています。

≪主な販売タイトル≫
daikokudenki_20170227_sales_v1.png

■業績考察
昨年11月に導入された「ウィッチクラフトワークス」が3500台の売上げとなり、
CRユニット加盟店は10月が+6店舗、11月が+6店舗、12月が+24店舗
と増加しました。3Qまでの純利益は12.16億円となり、通期見通しを上回る
決算となりましたが、4Qでの減益を見越して通期純利益は2億円に下方修正
されています(´・ω・`)

事業部別で見ていくと、情報システム事業(ホール向けの設備販売)は1番の
稼ぎ時である12月の年末商戦で高いシェアを獲得して大きく利益を伸ばした
ものの、制御システム事業(遊技機メーカー向けの部材販売)が3Qで赤字に
転落し、収益の足を引っ張る結果となっています。DAXELの「ウィッチクラフト
ワークス」が3500台も売れながら、制御システム事業が赤字に転落している
ところをみると特定の遊技機メーカーに対する売上依存度が高いと予想され、
もっと広範囲から受注を取り込まない限り、こういったリスクは改善されないで
しょう。

株価は3Q決算から上昇し1900円を伺うところまで上昇しましたが、いちよし
証券のレーティング格下げを受けて1800円前後で推移しています。PERは
130倍(純利益2億円)となっており、業績だけで考えれば買える理由は1つ
もなく、株主優待効果で株価は堅調ですが本来の適正水準は1400円ぐらい
だと思っています((((;゜Д゜)))

-----------------------------------------------------------------------

最後にパチンコ関連株の株価指数を見ておきましょう。数値は2月27日(月)
の終値で算出していて、評価は業績動向や進捗率を考慮しています。
pachinko_kanren_kabu_20170228_v1.png
フィールズとダイコク電機は、業績の改善傾向がみられるまで投資評価を売り
としていく予定デス。

では@w@ノシ

nice!(4)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【2017年3Q決算②】 パチンコ関連株 決算考察@w@! [決算考察]

【注意】 株取引はご自身の判断と責任で行っていただきますようお願いします。
-----------------------------------------------------------------------
いやぁ~どうもです。

前回に引続き、パチンコ関連株の3Q決算を見ていきたいと思います(`・ω・´)


セガサミーホールディングス
-----------------------------------------------------------------------
■平成29年3月期第3四半期(平成28年4月1日~平成28年12月31日)
売上高    : 2857.27億円 (進捗率: 76.6%)
営業利益  :  350.67億円 (進捗率:125.2%)
経常利益  :  353.98億円 (進捗率:131.1%)
3Q純利益  :  365.27億円 (進捗率:121.8%)

■今期会社予想(平成28年4月1日~平成29年3月31日)
売上高    : 3730.00億円
営業利益  :  280.00億円
経常利益  :  270.00億円
通期純利益 :  300.00億円

≪遊技機販売の進捗状況≫ 計画見直し:無
6460_segasammy_20170212_v1.png
※営業利益と純利益には、遊技機事業以外の損益も含まれています。

≪主な販売タイトル≫
6460_segasammy_20170212_sales_v1.png
「北斗の拳 修羅の国篇」には2Q計上分の6856台も含まれています。

■業績考察
遊技機事業は昨年10月に導入された「北斗の拳 修羅の国篇」が90140台
の売上げとなり、「CRモンスターハンター4」と「CR真北斗無双(ライトミドル)」
も1万台を超えて、3Qでの販売台数は12万台を突破しました。セガのエンタ
テインメントコンテンツ事業も営業利益ベースで2Q実績から62億円ほど増加
し、これまでの高い収益力が一過性のものではない事が証明されました。3Q
決算では韓国のカジノプロジェクト中止に伴なう特別損失として-34億円ほど
落としているものの、純利益は二大事業が好調に推移した事で通期見通しを
21%超過する365.27億円となっています。

4Qは導入ベースの予想として「エウレカセブンAO」が約1.2万台、サンセイ
R&Dと共同開発した「牙狼 守りし者」が約1.9万台となっており、「宇宙戦艦
ヤマト2199」や「攻殻機動隊SAC2」、その他にスペック変更機などを含めて
計12機種が予定されています。しかし、現在のパチンコ市場は注目タイトルで
なければ3000台前後しか見込めないため、4Qは合わせて6万台~7万台に
留まりそうデス。

株価は決算翌日にブン投げられて1636円まで下げましたが、特にネガティブ
な決算内容ではなかった事から、大人の資金引上げによるものとみています。
PERは通期純利益の300億円で15倍程度となっており、特別利益を除いた
本来の利益ベースで23倍ぐらいになる見込みデス。4月には韓国初の統合型
カジノリゾートとなるパラダイスシティの開業が控えており、株価上昇にも期待
しています。ただし、来期にはパチスロ5.9号機の切替えが控えており、無視
できないぐらいの懸念材料となるため、セガサミーに限らずパチンコ関連株へ
投資している人はそろそろ意識した方が良いでしょう(`・ω・´)


ユニバーサルエンターテインメント
-----------------------------------------------------------------------
■平成29年3月期第3四半期(平成28年4月1日~平成28年12月31日)
売上高    :  906.30億円 (進捗率:75.5%)
営業利益  :  274.36億円 (進捗率:91.5%)
経常利益  :  232.85億円 (進捗率:77.6%)
3Q純利益  :  149.80億円 (進捗率:74.9%)

■今期会社予想(平成28年4月1日~平成29年3月31日)
売上高    : 1100.00億円 ⇒ 1200.00億円 (上方修正)
営業利益  :  168.00億円 ⇒  300.00億円 (上方修正)
経常利益  :  168.00億円 ⇒  300.00億円 (上方修正)
通期純利益 :   92.00億円 ⇒  200.00億円 (上方修正)

≪遊技機販売の進捗状況≫ 計画見直し:有(3回目)
6425_universal_20170212_v1.png
※営業利益と純利益には、遊技機事業以外の損益も含まれています。

≪主な販売タイトル≫
6425_universal_20170212_sales_v1.png
ユニバーサルは2Q決算から販売実績を公表しなくなったため、導入ベースに
よる推測となりますが、12月末までの累計台数はパチスロが約162000台、
パチンコが約2800台と考えられます。

■業績考察
決算資料に販売台数が記載されなかった関係で不透明な部分もありますが、
3Qは「バジリスク3」と「クランキーセレブレーション」の売上げに加えて、昨年
12月に検定切れとなった「バジリスク 絆」と「アナザーゴッドハーデス」の認定
費用(1台あたり16万円)も計上されていると考えています。純利益は遊技機
事業が好調だったものの為替評価損として-36.57億円を計上し、2Q決算
から-8億円ほど減らして149.8億円となりました。

4Qは検定切れとなる遊技機が「緑ドンVIVA2」しかないため、導入ベースで
積み上げる事になりますが、今のところは「スターオーシャン4」の約2800台、
「CRAえとたま(甘デジ)」の約700台しかなく、あとは3月20日に導入される
「アナザーゴッドポセイドン」の売行き次第と言えそうデス。(販売台数は新台
入替の導入ベースから算出しており、もう少し増える可能性があります。)

株価は3Q決算から40%ほど上昇して4200円を超えてきましたが、純利益
150億円でPER22.9倍となっており、指数的な割高感はありません。ただ、
今の水準はオカダマニラが成功する前提で買われているため、そのあたりを
よく理解した上で投資した方が良いでしょう。来期はパチスロメーカーにとって
厳しい業績が予想されるため、5.9号機による業績悪化を如何にカジノ事業
で補填していくのか?といったところがポイントになりそうだよね(`・ω・´)

-----------------------------------------------------------------------

最後にパチンコ関連株の株価指数を見ておきましょう。数値は2月10日(金)
の終値で算出していて、評価は業績動向や進捗率を考慮しています。
pachinko_kanren_kabu_20170212_v1.png
残るはダイコク電機の1社となっており、空売りしているので恐怖デス>w<;

次回は、「パチンコ関連株3Q決算考察(その3)」をお送りします@w@ノシ

nice!(3)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【2017年3Q決算①】 パチンコ関連株 決算考察@w@! [決算考察]

【注意】 株取引はご自身の判断と責任で行っていただきますようお願いします。
-----------------------------------------------------------------------
いやぁ~どうもです。

今回から3回にわたり、パチンコ関連株の3Q決算を見ていきたいと思います。
まずは藤商事とSANKYOの決算から考察していきましょう(`・ω・´)


藤商事
-----------------------------------------------------------------------
■平成29年3月期第3四半期(平成28年4月1日~平成28年12月31日)
売上高    :  238.26億円 (進捗率:75.6%)
営業利益  : -19.21億円 (進捗率:赤字のため対象外)
経常利益  : -19.04億円 (進捗率:赤字のため対象外)
3Q純利益  : -14.54億円 (進捗率:赤字のため対象外)

■今期会社予想(平成28年4月1日~平成29年3月31日)
売上高    : 500.00億円 ⇒  315.00億円 (下方修正)
営業利益  :  50.00億円 ⇒ -26.00億円 (下方修正)
経常利益  :  50.00億円 ⇒ -26.00億円 (下方修正)
通期純利益 :  33.00億円 ⇒ -19.00億円 (下方修正)

≪遊技機販売の進捗状況≫ 計画見直し:有(1回目)
fujisyouji_20170206_v1.png
※営業利益と純利益には、遊技機事業以外の損益も含まれています。

≪主な販売タイトル≫
fujisyouji_20170206_sales_v2.png
この決算考察から遊技機の販売タイトルをリスト化しました。「CR戦国恋姫」
には2Q計上分の2100台も含まれています。

■業績考察
3QはパチンコのMAXスペック撤去に伴なう新台入替が全国のホールであり、
年末にかけて特需的な動きが見られたものの、上位メーカーに集中したため
藤商事の売上げは8000台に留まりました。四半期ベースで1万台を割込む
のは、自分がデータを取るようになった過去6年間で初めてであり、純利益は
2Qから大きく減らして-14.54億円の赤字に転落しています((((;゜Д゜)))

今期の販売計画ではパチスロ2機種で2万台となってましたが、12月導入の
「ロリポップチェーンソー」が1100台しか導入されず、更にもう1機種は来期
へ延期される事となり、通期見通しが大幅に下方修正されました。ネガティブ
な見方をすれば重たい赤字といえますが、「貞子VS伽椰子」などの売上げが
期待できそうな版権モノを先送りしている事から、来期V字回復に向けた布石
とも言えるでしょう。

4Qでは、「CR緋弾のアリア2」、「CR Another」、「CRマジョカマジョルナ」に
加えて、甘デジの「CRA遠山の金さん 二人の遠山桜」が予定されています。
下方修正後の販売見通しでは合わせて約23300台を見込んでいるものの、
おそらく3万台は上回るとみており、落とすだけ落として期末決算で赤字縮小
というシナリオを描きたい会社側の思惑が見え隠れしている気もします。

株価は下方修正を受けて大きく売られましたが、目先の業績よりも配当利回り
で5%水準となる1200円前後を意識した動きとなっています。今期は藤商事
の創立50周年の記念配当として+10円(年間60円)されており、これが来期
減配になるようであれば、1000円ぐらいまでブン投げられる懸念もあります。
しかし、投資家向けの会社説明会では減配実績がない事をセールストークの
1つにしており、来期に向けて業績回復を見込むなら年間60円は維持される
と考えています。今のところは確率的に50%ぐらいの気持ちですが、もし期末
決算で業績の改善傾向が見られるなら、その可能性は高まるでしょう。

≪追記:2017/2/28≫
藤商事の3Q決算考察において、4Qでの販売見通しを約3万台としましたが、
「CR緋弾のアリア2」が想定よりも伸びず1万台で止まったため、赤字縮小の
シナリオを撤回し、通期見通しは会社予想と同じぐらい(純利益-19億円)に
訂正します。


SANKYO
-----------------------------------------------------------------------
■平成29年3月期第3四半期(平成28年4月1日~平成28年12月31日)
売上高    : 677.32億円 (進捗率: 75.3%)
営業利益  :  62.01億円 (進捗率:206.7%)
経常利益  :  57.42億円 (進捗率:143.6%)
3Q純利益  :  34.17億円 (進捗率:136.7%)

■今期会社予想(平成28年4月1日~平成29年3月31日)
売上高    : 900.00億円
営業利益  :  30.00億円
経常利益  :  40.00億円
通期純利益 :  25.00億円

≪遊技機販売の進捗状況≫ 計画見直し:無
sankyo_20170206_v1.png
※営業利益と純利益には、遊技機事業以外の損益も含まれています。

≪主な販売タイトル≫
sankyo_20170206_sales_v2.png
「涼宮ハルヒの憂鬱」は新パネルでの増産が予定されています。

■業績考察
2Q決算では通期見通しを下方修正し、業績の低迷が鮮明となったSANKYO
ですが、3QはMAXスペックの撤去に伴なう特需もあり、「CRヱヴァンゲリヲン
11」が5万台を上回って収益を下支えしました。純利益は2Qまでの-16億円
から一気に黒字転換し、34.17億円に改善しています。

4Qはパチンコが「CRFクィーン2(2タイプ)」、「CRFサムライブレード」、「CRF
倖田來未5」、その他にもスペック違いが4機種あり、パチスロは「ヱヴァンゲリ
ヲン勝利への願い」、「みんなで楽シーサー」が控えており、計10機種となって
います。1機種で2万台を超えるような機械がないため、現状維持は難しくても
通期見通し程度の利益は確保できそうデス(`・ω・´)

株価は業績ベースだと評価できる水準にありませんが、前回の下方修正でも
売られなかった事を考えると、下値余地は相当限られていると言えるでしょう。
期末の配当権利に向けて資金が入りやすい環境となっており、個人が空売り
して権利落ち後に再度踏まれるパターンまで見えちゃう流れだよね>w<;

-----------------------------------------------------------------------

最後にパチンコ関連株の株価指数を見ておきましょう。数値は2月6日(月)の
終値で算出していて、評価は業績動向や進捗率を考慮しています。
pachinko_kanren_kabu_20170206_v1.png
ユニバーサルと藤商事の投資評価を適正に変更し、ビジネスモデルの脆弱さ
が気になるフィールズを売りとしました。

次回は、「パチンコ関連株3Q決算考察(その2)」をお送りします@w@ノシ

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【2017年3Q決算】 パチンコ関連株の決算日をチェックしよう@w@! [決算考察]

【注意】 株取引はご自身の判断と責任で行っていただきますようお願いします。
-----------------------------------------------------------------------
いやぁ~どうもです。

パチンコ関連株の3Q決算シーズンとなりましたので、決算予定日と注目銘柄
についてチェックしたいと思います。まずは決算カレンダーから見てください。

決算予定日    コード  銘柄 (青字は今回取り上げる銘柄デス)
-----------------------------------------------------------------------
1月13日(金)  1418  インターライフホールディングス
1月20日(金)  2411  ゲンダイエージェンシー
1月27日(金)  6730  アクセル
1月30日(月)  6737  EIZO
1月30日(月)  6257  藤商事
1月31日(火)  9766  コナミホールディングス
1月31日(火)  8141  新光商事
1月31日(火)  6419  マースエンジニアリング
2月01日(水)  9697  カプコン
2月02日(木)  2767  フィールズ
2月03日(金)  6417  SANKYO
2月03日(金)  6736  サン電子
2月03日(金)  6418  日本金銭機械
2月06日(月)  6460  セガサミーホールディングス
2月06日(月)  6457  グローリー
2月08日(水)  7991  マミヤオーピー
2月08日(水)  6625  JALCOホールディングス
2月09日(木)  6412  平和
2月09日(木)  6249  ゲームカードジョイコホールディングス
2月10日(金)  1847  イチケン
2月10日(金)  6425  ユニバーサルエンターテインメント
2月10日(金)  4712  アドアーズ
2月10日(金)  6428  オーイズミ
2月13日(月)  6430  ダイコク電機
-----------------------------------------------------------------------
3QではパチンコのMAXタイプ撤去に伴なう新台入替が全国のホールであり、
ルパンやエヴァをはじめとするシリーズ機が大量導入され、パチスロは北斗と
バジリスクの導入が目立った事から、ユニバーサル、セガサミー、平和あたり
は良い決算が期待できそうデス。また、設備機器メーカーの業績はホールさん
投資意欲をみるバロメーターにもなるため、昨年末にかけてどうだったのか
注目しています(`・ω・´)

では続いて、自分がポジションを抱える注目銘柄についてチャートを見ながら
考察したいと思います。

-----------------------------------------------------------------------

■セガサミーホールディングス / 決算予定日:2017年2月6日(月)
6460_segasammy_20170122_v2.png
10月に「北斗の拳 修羅の国篇」を販売し、稼働は酷い結果に終わったものの
8.9万台ほど導入されており、「CR真 北斗無双(219VER)」が約1.2万台、
「CRモンスターハンター4」が約1.4万台、その他が約1万台となるため、3Q
累計は先行導入分を差し引いた約11.8万台をベースに考えています。

釜山(韓国)でのカジノプロジェクト中止に伴なう特別損失として-34億円ほど
計上されますが、それでも通期予想の純利益300億円を上回るのではないか
と期待しています。現在12900株ほど持っていますが、とりあえず目標にして
いた1787円(自社株買い平均値)を昨年12月にクリアした事もあり、そろそろ
ポジションを減らしたいと思っていて、もし3Q決算で高値を取りに行くなら丁度
良いタイミングかもしれません。

-----------------------------------------------------------------------

■平和 / 決算予定日:2017年2月9日(木)
6412_heiwa_20170122_v2.png
10月下旬から導入された「CRルパン三世 Lupin The End」が約7.8万台
の売上げとなっており、3Q累計では8.5万台程度になると予想しています。
ゴルフ事業が順調である事を前提に、これまでの決算実績から4Qを除いて
遊技機1万台につき純利益10億円(販売数が多いほど利益係数は上がる)
という予測が成立つため、3Qだけで90億円程度を見込んでおり、通期では
250億円~270億円ぐらいになりそうデス。

期末にかけて下方修正する可能性もあると思っていますが、それでも純利益
260億円でPER10倍程度となっており、ここ最近の株価上昇が水準訂正に
よるものであれば問題ないでしょう。株価は2Q決算から上昇基調が継続し、
初めのうちはアコーディアゴルフの個人資金がPGM(平和)に流れているの
かと思ってましたが、何度か崩れそうな場面でも持ち直している事から、大人
の買い主体がいると考えて良さそうデス。カジノなどの思惑ではなく、平和の
経営力を評価した投資であれば、どんな資金でも大歓迎だよね(`・ω・´)

-----------------------------------------------------------------------

■藤商事 / 決算予定日:2017年1月30日(月)
6257_fujisyouji_20170122_v2.png
3Qは、「CR戦国恋姫」の期ズレ分、「CRA戦国恋姫(甘デジ)」、「CRリング」、
「CRA仄暗い水の底から」、「ロリポップチェーンソー」の計5機種となっており、
約7500台を想定しています。今期の販売見通しではパチスロ2機種で2万台
を計画しているものの、「ロリポップチェーンソー」が1200台程度しか売れず、
パチンコ機も目標の13万台を下回る事が確定的なため、かなり厳しい数値を
覚悟した方がよいでしょう((((;゜Д゜)))

2Qまでの純利益が8.6億円となっている事から、3Qで赤字転落する可能性
もあり、決算発表に合わせて通期見通しの下方修正まで付いてきても不思議
ではない状況デス。足元では4Qで「CR緋弾のアリア2」や「CR Another」が
計画されており、通期では黒字を確保できると思いますが、増配によって上昇
してきた株価へのインパクトは小さくありません。今のところ2300株ほど売り
ポジションを持っていて3Q決算後に全て返済する予定ですが、配当利回りを
意識した買い意欲も強く、売り方が期待しているほど下がらない気もします。

ではぁ@w@ノシ

nice!(1)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【2017年2Q決算②】 パチンコ関連株 決算考察@w@! [決算考察]

【注意】 株取引はご自身の判断と責任で行っていただきますようお願いします。
-----------------------------------------------------------------------
いやぁ~どうもです。

遅くなってしまいましたが、前回に引続きパチンコ関連株の2Q決算を考察して
いきたいと思います。


SANKYO
-----------------------------------------------------------------------
■平成29年3月期第2四半期(平成28年4月1日~平成28年9月30日)
売上高    :  318.21億円 (進捗率:35.4%)
営業利益  : -16.84億円 (進捗率:赤字のため対象外)
経常利益  : -17.57億円 (進捗率:赤字のため対象外)
2Q純利益  : -16.03億円 (進捗率:赤字のため対象外)

■今期会社予想(平成28年4月1日~平成29年3月31日)
売上高    : 1350.00億円 ⇒ 900.00億円 (下方修正)
営業利益  :  160.00億円 ⇒  30.00億円 (下方修正)
経常利益  :  168.00億円 ⇒  40.00億円 (下方修正)
通期純利益 :  111.00億円 ⇒  25.00億円 (下方修正)

■業績考察
2Qでは「CRF a‐nation」を15500台、「CR鉄拳2 闘神VER」を15500台、
「CRヱヴァンゲリヲン10」を11900台、「戦姫絶唱シンフォギア」を6630台、
その他に「CRパトラッシュJ GREEN」、「CRFアクエリオンEVOL(甘デジ)」、
「ちょいパチアクエリオンEVOL」、「CRF機動戦士ガンダム(甘デジ)」、「CRF
a‐nation(ライト)」、「CRヱヴァンゲリヲン9」を販売して、9月末までの累計は
パチンコ機が77688台、パチスロ機が11545台となりました。

≪遊技機販売の進捗状況≫  計画見直し:有(1回目)
sankyo_20161128_v1.png
※営業利益と純利益には、遊技機事業以外の損益も含まれています。

大量10機種の投入となりましたが、新規3タイトル以外はスペック変更による
再販となっており、そのうち「CRヱヴァンゲリヲン」の2機種はMAXタイプとの
リユース対象として約15万円で販売されています。2Qの遊技機販売は「CR
鉄拳2 闘神VER」と「戦姫絶唱シンフォギア」が営業目標をクリアしたものの、
「CRF a‐nation」が3万台に対して半分程度しか売れず、69093台に留まり
ました。純利益は1Q決算よりも少しだけ改善しましたが黒字転換まで至らず、
通期見通しは111億円⇒25億円に下方修正されています(´・ω・`)

3Qは導入状況から予想して、「CRFバニー&バニー(2タイプ)」が約900台、
「CRFタイガーマスク3」が約15500台、12月から「CRヱヴァンゲリヲン11」、
「涼宮ハルヒの憂鬱」が予定されています。営業目標では合わせて10万台を
見込んでいるものの、大量導入が期待できる「CRヱヴァンゲリヲン11」でさえ
5万台に届かない可能性があり、3Qは7.5万台程度になると見ています。

株価は赤字決算と下方修正を受けて3500円を割り込むまで売られましたが、
トランプショックで暴落した時も投げられる様子はなく、下値では拾われていた
事から配当利回りを意識した大人の買い圧力が相当強いとみて良いでしょう。
下方修正によってPERは127倍まで跳ね上がりましたが、下値はガチガチで
上値も期待できないため、投資妙味はあまりないと思います。ただし、年末
かけてパチンコのMAXタイプが撤去される事で、爆裂機を得意とするメーカー
の市場シェアが激変する可能性もあり、早くからミドルやライトミドルの開発を
進めてきたSANKYOにも復活の芽はありそうデス。あまり期待してませんが、
投資タイミングを逃さないようにチェックだけはしておきたいよね(`・ω・´)


平和
-----------------------------------------------------------------------
■平成29年3月期第2四半期(平成28年4月1日~平成28年9月30日)
売上高    :  936.33億円 (進捗率:45.6%)
営業利益  :  232.75億円 (進捗率:59.7%)
経常利益  :  228.19億円 (進捗率:60.5%)
2Q純利益  :  147.58億円 (進捗率:49.2%)

■今期会社予想(平成28年4月1日~平成29年3月31日)
売上高    : 2052.00億円
営業利益  :  390.00億円
経常利益  :  377.00億円
通期純利益 :  300.00億円

■業績考察
2Qは「ルパン三世 消されたルパン」を17431台、「CRドラム黄門ちゃま」を
14446台、「南国物語SPECIAL」を9594台、「ロストプラネット」を7024台、
その他には「CR逆転裁判(甘デジ)」、「ちょいパチJAWS」、「CRAガールズ
&パンツァー(甘デジ)」、「CR烈火の炎2(ライトミドル)」を販売し、これまでの
累計はパチンコ機が70550台、パチスロ機が63354台となりました。

≪遊技機販売の進捗状況≫  計画見直し:無
heiwa_20161128_v1.png
※営業利益と純利益には、遊技機事業以外の損益も含まれています。

「ルパン三世 消されたルパン」と「ロストプラネット」が営業目標を超えられず、
遊技機の販売台数は中間計画の16.2万台に対して3万台ほど足りなかった
ものの、堅調なゴルフ事業のサポートもあり、純利益は147.58億円となって
います。

3Qは既にホール導入済みの「CRルパン三世 Lupin The End」が約7万台
(予想数値)、12月には「CR烈火の炎2(甘デジ)」、「CRルパン三世 不二子
におまかせ(ライトミドル)」が予定されています。今回でシリーズ9作目となる
「CRルパン三世 Lupin The End」はホールの稼働率も良好で、導入6週目
でありながら中古取引きではプレミアが付くほどの高い評価を受けています。
今のところ増台に踏切る動きは見られないものの、新基準パチンコ機としては
唯一の高稼働機種であり、年末にかけてMAXタイプが撤去される事で新たな
需要(=追加生産)に繋がる可能性も考えられます(`・ω・´)

今期の通期純利益は300億円を予定しており、4Qでは「CR戦国乙女 花」と
「弱虫ペダル」が控えている事から、特に不安な点は見当たりません。株価は
1Q決算前に比べて15%ほど上昇していますが、これでもPER8.1倍という
驚異的なバリュー水準となっています。自分は少しだけ買い戻して1500株に
なりましたが、「CRルパン三世 Lupin The End」の動向次第ではポジション
の引上げを検討しなければならないでしょう。昨年に続いて、個人投資家向け
の「野村IR資産運用フェア2016」に出展するらしく、もし休みが取れたら話を
聞いてこようと思います@w@!


ダイコク電機
-----------------------------------------------------------------------
■平成29年3月期第2四半期(平成28年4月1日~平成28年9月30日)
売上高    : 201.87億円 (進捗率:40.4%)
営業利益  :   6.05億円 (進捗率:60.5%)
経常利益  :   7.06億円 (進捗率:70.6%)
2Q純利益  :   3.29億円 (進捗率:54.8%)

■今期会社予想(平成28年4月1日~平成29年3月31日)
売上高    : 500.00億円
営業利益  :  10.00億円
経常利益  :  10.00億円
通期純利益 :   6.00億円

■業績考察
2Qは新台のリリースがなく、1Qに「ミルキィホームズTD」を8800台販売して
います。

≪遊技機販売の進捗状況≫  計画見直し:有(1回目)
daikokudenki_20161128_v2.png
※営業利益と純利益には、遊技機事業以外の損益も含まれています。

≪CRユニット販売の進捗状況≫
daikokudenki_20161128_v1.png
※営業利益と純利益には、遊技機事業以外の損益も含まれています。

今年4月に販売した「ミルキィホームズTD」が伊勢志摩サミットの駆込み需要
も手伝って8800台の売上げとなり、1Q決算の純利益は通期見通しを上回る
9.08億円となりましたが、2Q決算では利益を落とし3.29億円に目減りして
います(´・ω・`)

ダイコク電機は2012年にCRユニット市場へ参入するまで、ゲームカード社の
代理店としてCRユニットを販売してきましたが、それを自社開発に切り替えて、
高いシェアを誇るホールコンとの親和性を高めてセット販売する事により、これ
まで業績を伸ばしてきました。しかし、前々期あたりから利益を伸ばせなくなり、
前期に至っては大きな赤字を計上するまで悪化しています((((;゜Д゜)))

原因としては、以前から減収傾向にあった制御システム事業(遊技機メーカー
向けの部材販売)が足を引張り、情報システム事業(ホール向けの設備販売)
の利益を奪っているためデス。DAXEL(100%子会社)の遊技機部門は制御
システム事業に含まれており、現状はパチスロ機の売行きによって赤字幅が
増減し、それが収益に直結していると考えた方がわかりやすいでしょう。

株価は、2Q決算で売られた分を取り戻す動きで1600円台を回復しましたが
PERは41倍(純利益6億円)となっており、もの凄く割高な水準デス。11月に
導入された「ウィッチクラフトワークス」が2100台ぐらい(予想数値)に留まって
いる事を考えれば期末にかけて上方修正は難しく、魅力的な株主優待効果で
株価は堅調ですが、本来の適正水準は1200円ぐらいだと思っています。

-----------------------------------------------------------------------

最後にパチンコ関連株の株価指数を見ておきましょう。数値は11月25日(金)
の終値で算出していて、評価は業績動向や進捗率を考慮しています。
pachinko_kanren_kabu_20161128_v1.png
1Q決算では伊勢志摩サミットの影響もあり、パチンコ関連の9社が赤字でした
が、2Q決算は3社にまで減少しました。業界の先行きを疑う声も多かったので
とりあえず安心しました。

ではぁ@w@ノシ

nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【2017年2Q決算①】 パチンコ関連株 決算考察@w@! [決算考察]

【注意】 株取引はご自身の判断と責任で行っていただきますようお願いします。
-----------------------------------------------------------------------
いやぁ~どうもです。

先日のトランプショックで-250万円ぐらい金融資産を減らしたものの、翌日に
300万円ほど戻ってきました。これまで何度も大暴落をみてきたけど、ここまで
一気に戻す相場も珍しいよね。

では、今回からパチンコ関連株の2Q決算を考察していきたいと思います。


藤商事
-----------------------------------------------------------------------
■平成29年3月期第2四半期(平成28年4月1日~平成28年9月30日)
売上高    : 210.78億円 (進捗率:42.2%)
営業利益  :  11.89億円 (進捗率:23.8%)
経常利益  :  11.90億円 (進捗率:23.8%)
2Q純利益  :   8.60億円 (進捗率:26.1%)

■今期会社予想(平成28年4月1日~平成29年3月31日)
売上高    : 500.00億円
営業利益  :  50.00億円
経常利益  :  50.00億円
通期純利益 :  33.00億円

■業績考察
2Qは「CR遠山の金さん 二人の遠山桜」を11600台(累計20400台)、「CR
仄暗い水の底から」を17800台、「CRピカれ!まるまるアイランド(2タイプ)」
を2800台、「CR戦国恋姫」を2100台、その他に「CRA地獄少女2」、「ちょい
パチ地獄少女2」を販売して、これまでの累計はパチンコ機が62900台となり
ました。

≪遊技機販売の進捗状況≫  計画見直し:無
fujisyouji_20161114_v1.png
※営業利益と純利益には、遊技機事業以外の損益も含まれています。

販売台数は中間計画の6.7万台に届かなかったものの、1Qから持ち越しの
「CR遠山の金さん 二人の遠山桜」が累計で2万台を突破し、更に「CR仄暗い
水の底から」が営業目標を上回る売上げとなり、収益を強く押し上げています。
純利益は赤字だった1Q決算の-5.16億円に対して、8.6億円まで回復し、
2Qだけで13.76億円を稼ぎ出した計算になります(`・ω・´)

3Qは「CR戦国恋姫」の期ズレ分(推定2500台)に加えて、甘デジスペックの
「CRA戦国恋姫」、12月19日から「ロリポップチェーンソー」が予定されており、
合わせて1.3万台ぐらいになりそうデス。通期計画の15万台を達成するには
あと8.7万台ほど必要ですが、現在のスケジュールだと4Qだけで7万台以上
売らなければならず、大量導入が期待できる「CR緋弾のアリア2」や利益率の
改善を考慮しても届かないとみています。

エディアと共同運営しているソシャゲの「マギアコネクト」と「アドヴェントガール」
のサービス終了に伴なう損失額がどれぐらいになるのか?という点も気になる
ところデス。そもそも勝ち目のないソシャゲ市場に参入して、パチンコ版権にも
転用できず赤字を垂れ流しているような状況なら、藤商事が資金を出してまで
やる意味がないよね=w=;

株価は2Q決算と増配発表を受けて1100円台を回復しましたが、配当利回り
を考えれば年利5%として、1200円程度まで買われてもおかしくありません。
表向きは創立50周年の記念配当となっているものの、藤商事は投資家向け
の説明会で減配実績がない事をセールストークにしているので、今後は年間
60円が基本ベースになると考えています。バリュー銘柄の増配はレンジ下限
の底上げに繋がり、適正水準へ向けた株価上昇も期待できるため、業績面を
多少軽視してでも年利5%水準(株価1200円)までは強気に買っていくつもり
デス。自分は決算後に2300株ほど買いましたが、今のうちに仕込んでおいて
1250円を超えるあたりで売れたら良いなと思っています。


セガサミーホールディングス
-----------------------------------------------------------------------
■平成29年3月期第2四半期(平成28年4月1日~平成28年9月30日)
売上高    : 1695.01億円 (進捗率:45.4%)
営業利益  :  153.64億円 (進捗率:54.9%)
経常利益  :  154.75億円 (進捗率:57.3%)
2Q純利益  :  242.51億円 (進捗率:80.8%)

■今期会社予想(平成28年4月1日~平成29年3月31日)
売上高    : 3800.00億円 ⇒ 3730.00億円 (下方修正)
営業利益  :  200.00億円 ⇒  280.00億円 (上方修正)
経常利益  :  200.00億円 ⇒  270.00億円 (上方修正)
通期純利益 :  100.00億円 ⇒  300.00億円 (上方修正)

■業績考察
2Qは「CR蒼天の拳 天帰」を44204台、「CRガオガオキング2(2タイプ)」を
11050台、「BLOOD+二人の女王」を25315台、先行納入分の「北斗の拳
修羅の国篇」を6856台、その他にRT機の「北斗の拳 将」と「偽物語」を販売
し、これまでの累計はパチスロ機が81895台、パチンコ機が75542台となり
ました。

≪遊技機販売の進捗状況≫  計画見直し:有(2回目)
segasammy_20161114_v1.png
※営業利益と純利益には、遊技機事業以外の損益も含まれています。

「CR蒼天の拳 天帰」を筆頭に、「BLOOD+二人の女王」や「北斗の拳 将」も
売上げを伸ばして、2Qの販売実績が10万台を突破しました。純利益は1Qの
41.11億円から不動産売却益も加わって242.51億円に増額されて、通期
見通しは300億円に上方修正されています。

セガのエンタテインメントコンテンツ事業も1Qに引続き利益を上積みしており、
順調に推移しているようデス。ただし、セグメント別の予測をみると3Q以降は
利益の上積みが見込めずに現状維持となっているため、販売スケジュールの
絡みで上期に片寄りしただけなのか?保守的にみているだけなのか?という
点を見極める必要があります。もしこれが一過性の数値ではなく、3Qや4Qも
収益貢献するようであれば、セガサミーの企業価値は一気に高まるでしょう。

3Qはホール導入状況からみて、「北斗の拳 修羅の国篇」の期ズレ分となる
約8万台(予想数値)に加えて、ライトミドルの「CR真 北斗無双」、「CRAくだ
もの畑」、「CRモンスターハンター4」、「CR火曜サスペンス劇場」、「犬夜叉」、
「パチスロ火曜サスペンス劇場」となっていて、4Qには「エウレカセブンAO」、
「牙狼 守りし者」なども控えており、申し分のないラインナップとなっています。

業績修正によって純利益が100億円⇒300億円に見直されましたが、3Qの
遊技機売上げは13万台~14万台を見込んでおり、おそらく400億円に迫る
のではないかと思っています。最終的には4Qで減益となる前提で350億円
(PER12倍)、不動産売却益を除いた本来の利益ベースで250億円(PER
17倍)を想定しています。指数的にも2000円台は十分狙えるよね(`・ω・´)


ユニバーサルエンターテインメント
-----------------------------------------------------------------------
■平成29年3月期第2四半期(平成28年4月1日~平成28年9月30日)
売上高    :  565.85億円 (進捗率: 51.4%)
営業利益  :  155.50億円 (進捗率: 92.6%)
経常利益  :  238.09億円 (進捗率:141.7%)
2Q純利益  :  158.01億円 (進捗率:171.8%)

■今期会社予想(平成28年4月1日~平成29年3月31日)
売上高    : 1100.00億円
営業利益  :  168.00億円
経常利益  :  168.00億円
通期純利益 :   92.00億円

■業績考察
2Qは「魔法少女まどか☆マギカ2」、「CRえとたま」、「デッド オア アライブ5」、
「バーサス」の4機種を販売しました。販売台数は決算資料に書かれていない
ため推測になりますが、9月末までの累計台数はパチスロ機が約94800台、
パチンコ機が約2800台と考えられます。

≪遊技機販売の進捗状況≫  計画見直し:有(2回目)
universal_20161114_v1.png
※営業利益と純利益には、遊技機事業以外の損益も含まれています。

決算資料に販売台数が記載されなかった関係で不透明な部分もありますが、
遊技機事業の売上げが1Qは196.06億円、2Qでは550.80億円のため、
7月~9月の間に約354億円を売上げている事になります。2Qの販売予想
が約5.7万台となっている事から、「バジリスク絆」の認定に伴なう部品交換
費用(1台あたり16万円x約65500台)は、2Q決算に丸まる計上されている
と考えて良さそうデス。

3Qは既に導入済の「クランキーセレブレーション」が約9500台(予想数値)、
11月下旬に「バジリスク3」が予定されています。「バジリスク3」は看板機種
のシリーズ機だけに大量導入するホールさんが多く、旧基準AT機との併用に
懐疑的な見方もありますが、営業目標の4.5万台を上回るかもしれません。

株価は3000円付近で推移していて、オカダマニラ(旧マニラベイリゾーツ)の
開業が迫るに連れて資金が入りやすい相場となっています。現状はカジノで
得られる期待値(利益水準)が見えないため、オカダマニラの潜在価値を探る
流れが続いていますが、既にソフトオープン(カジノホテルだけの部分営業)の
段階まで織り込んだ株価になっていると認識しています。将来的に時価総額
で4000億円(株価5000円)ぐらいは期待できると思いますが、実際に開業
してからの利益ベースを把握するまで、過度な期待は禁物だよね=w=;

-----------------------------------------------------------------------

最後にパチンコ関連株の株価指数を見ておきましょう。数値は11月14日(月)
の終値で算出していて、評価は業績動向や進捗率を考慮しています。
pachinko_kanren_kabu_20161114_v1.png
藤商事を買い評価、ダイコク電機を売り評価としました。ダイコク電機は次回の
決算考察で取り上げますが、株主優待がなければ適正株価は1200円ぐらい
だと思っています((((;゜Д゜)))

次回は、「パチンコ関連株2Q決算考察(その2)」をお送りします@w@ノシ

nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【2017年2Q決算】 パチンコ関連株の決算日をチェックしよう@w@! [決算考察]

【注意】 株取引はご自身の判断と責任で行っていただきますようお願いします。
-----------------------------------------------------------------------
いやぁ~どうもです。

パチンコ関連株の2Q決算シーズンとなりましたので、決算予定日と注目銘柄
についてチェックしていこうと思います。まずは決算カレンダーを見てください。

決算予定日    コード  銘柄 (青字は今回取り上げる銘柄デス)
-----------------------------------------------------------------------
10月12日(水)  1418  インターライフホールディングス
10月14日(金)  2411  ゲンダイエージェンシー
10月25日(火)  6730  アクセル
10月27日(木)  2767  フィールズ
10月27日(木)  9697  カプコン
10月28日(金)  6257  藤商事
10月28日(金)  6419  マースエンジニアリング
10月28日(金)  8141  新光商事
10月28日(金)  6737  EIZO
10月28日(金)  9766  コナミホールディングス
11月02日(水)  6460  セガサミーホールディングス
11月02日(水)  6625  JALCOホールディングス
11月02日(水)  6418  日本金銭機械
11月04日(金)  6736  サン電子
11月07日(月)  6457  グローリー
11月08日(火)  6417  SANKYO
11月08日(火)  4712  アドアーズ
11月09日(水)  6412  平和
11月09日(水)  7991  マミヤオーピー
11月10日(木)  6249  ゲームカードジョイコホールディングス
11月11日(金)  6430  ダイコク電機
11月11日(金)  6428  オーイズミ
11月11日(金)  1847  イチケン
11月11日(金)  6425  ユニバーサルエンターテインメント
-----------------------------------------------------------------------
1Q決算では伊勢志摩サミットの影響もあり、パチンコ関連の24社中、9社が
赤字という厳しい内容でした。2Q決算でどこまで改善しているのか注目デス。

続いて、自分がポジションを抱える注目銘柄について株価チャートを見ながら
考察しようと思います。尚、販売予想の数値などに嘘偽りはないものの、バイ
アス込みのポジショントークとなっているため、注意してください((((;゜Д゜)))

-----------------------------------------------------------------------

■セガサミーホールディングス / 決算予定日:11月2日(水)
6460_segasammy_20161017_v1.png
9月28日に上方修正を発表しており、中間決算の純利益は210億円となって
います。これには「北斗の拳 修羅の国篇」の一部(6000台程度)が含まれて
いるものの、導入ベースの販売予想では8.5万台~9万台と考えられるため
3Q決算も期待して良いでしょう。前期までお荷物部門だったエンタテインメント
コンテンツ事業も利益を伸ばしており、期末にかけて更なる上積みが期待でき
そうデス。

株価は1Q決算の時に比べて、37%ほど上昇して1500円を回復しましたが、
通期純利益を300億円と仮定した場合のPERは13.5倍であり、特別利益を
除いた本来の収益ベースでも約19倍のため、指数的な割高感はありません。
現在7500株ほど持っていますが、まずは自社株買い平均の1787円ライン
を目指し、3Q以降の業績次第では2000円台も狙ってみたいよね(`・ω・´)

-----------------------------------------------------------------------

■ダイコク電機 / 決算予定日:11月11日(金)
6430_daikoku_20161017_v1.png
1Q決算は子会社のDAXELから販売された「探偵歌劇ミルキィホームズTD」
が8800台の売上げとなり、通期予想を上回るぐらい強く業績に寄与しました。
しかし2Q以降は遊技機の販売がなく、CRユニットの加盟数は7月が+13店、
繁栄期の8月が+9店となっていて、現時点で9月分は発表されてないものの
昨年実績(3ヶ月で+31店)と同じぐらいになりそうデス。

遊技くぎ問題やMAXタイプ規制以降、ホールさんの投資意欲が低下している
ため、2Q決算は厳しい数値になると考えており、利益の上積みどころか減益
の可能性も否定できないでしょう。最初の1Q決算が良すぎただけに、2Q決算
で伸び代がないと判断されてしまい、失望売りを誘うのではないか?との思惑
から2400株ほど売っていますが、高い配当や株主優待、カジノ相場の影響も
あるため、下値は限定的かもしれません。11月に導入される「ウィッチクラフト
ワークス」の評価次第では、買いポジションを取りたいと思います(`・ω・´)

-----------------------------------------------------------------------

■日本金銭機械 / 決算予定日:11月2日(水)
6460_jcm_20161017_v1.png
7月中旬から徐々に上がりだし、僅か3ヶ月で2倍ぐらいまで値上がりしました。
2013年のカジノ相場では安易な空売りで痛すぎる損失となった銘柄ですが、
今回も1100株ほど売っています。現時点でPER70倍という異常すぎる水準
ですが、ここはカジノ法案に絡めて手掛ける仕手筋がいるので、両建てを駆使
しながらポジション取りしています。もし高値を取りにいくようであれば、100円
刻みで売り乗せする予定デス((((;゜Д゜)))

ではぁ@w@ノシ

nice!(1)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【2017年1Q決算②】 パチンコ関連株 決算考察@w@! [決算考察]

【注意】 株取引はご自身の判断と責任で行っていただきますようお願いします。
-----------------------------------------------------------------------
いやぁ~どうもです。

先日、木曽崇さんが投稿しているヤフーニュースでオーイズミの株主総会ネタ
を引用していただきました。ブログ運営者としてこれほど光栄な事はなく、大変
嬉しく思います。ありがとうございます>w<;
http://bylines.news.yahoo.co.jp/takashikiso/20160818-00061260/

では前回に引続き、パチンコ関連株の1Q決算を見ていきたいと思います。


SANKYO
-----------------------------------------------------------------------
■平成29年3月期第1四半期(平成28年4月1日~平成28年6月30日)
売上高    :   93.71億円 (進捗率:6.9%)
営業利益  : -26.62億円 (進捗率:赤字のため対象外)
経常利益  : -24.94億円 (進捗率:赤字のため対象外)
1Q純利益  : -19.10億円 (進捗率:赤字のため対象外)

■今期会社予想(平成28年4月1日~平成29年3月31日)
売上高    : 1350.00億円
営業利益  :  160.00億円
経常利益  :  168.00億円
通期純利益 :  111.00億円

■業績考察
1Qは「オルタネイティヴ トータルイクリプス」を4831台、「CRパトラッシュJ」を
約6000台、「CRF夢福神(2タイプ)」を約4700台、羽根モノの「CRサンダー
ドラゴン(2タイプ)」を約700台など販売し、これまでの累計台数はパチンコ機
が15309台、パチスロ機が4831台となりました。(トータルイクリプス以外は
独自に算出した予想数値を記載しています。)

≪遊技機販売の進捗状況≫
sankyo_20160814_v1.png
※営業利益と純利益には、遊技機事業以外の損益も含まれています。

1Qではパチンコ3機種とパチスロ1機種を投入しましたが、どれも営業目標を
大幅に下回る結果となり、遊技機販売は20140台に留まりました。伊勢志摩
サミットによる新装自粛という特殊要因はあったものの、四半期ベースの販売
台数としては自分がデータを取り始めた過去6年間の中で最も低く、純利益は
-19.1億円の赤字となっています。

2Qはホール導入状況から予想して、「CRF a‐nation」が約14000台、「CR
パトラッシュJ GREEN」が約2200台、「CRFアクエリオンEVOL(甘デジ)」が
約4800台、先週導入の「戦姫絶唱シンフォギア」が約5500台、「CR鉄拳2」
が約15000台、この他に9月5日導入の「CRF機動戦士ガンダム(甘デジ)」、
ライトスペックの「CRヱヴァンゲリヲン9」と「CRヱヴァンゲリヲン10」が控えて
います。

合わせて約7万台の販売となりそうですが、「CRヱヴァンゲリヲン」の2機種に
ついては、MAXタイプとのリユース対象機になるため、大半が15万円前後の
価格となっており、多少割引いて考えた方が良いでしょう。現時点では弱含み
であるものの、2Q決算は黒字転換する可能性が高そうデス。

株価は、SMBC日興証券の目標見直しによって3600円を割込むところまで
売られましたが、現在でもPER27.8倍(純利益111億円)という割高な水準
であり、もしこれが水準訂正の途中であれば3100円ぐらい(PER25倍)まで
下がっても不思議ではありません。

SANKYOはこれまで異業種への参入を拒み続け、リスクを取ってこなかった
ツケが回ってきた結果とも言えます。それは決して悪い事でないものの、斜陽
産業と揶揄されるパチンコ業界に拘り続ける限り、これ以上の成長は望めず
時価総額3200億円の大企業が遊技機製造だけで稼いでいけるほど、今の
パチンコ市場は甘くないよね>w<;


平和
-----------------------------------------------------------------------
■平成29年3月期第1四半期(平成28年4月1日~平成28年6月30日)
売上高    :  493.55億円 (進捗率:24.1%)
営業利益  :  132.87億円 (進捗率:34.1%)
経常利益  :  127.83億円 (進捗率:33.9%)
1Q純利益 :   76.49億円 (進捗率:25.5%)

■今期会社予想(平成28年4月1日~平成29年3月31日)
売上高    : 2052.00億円
営業利益  :  390.00億円
経常利益  :  377.00億円
通期純利益 :  300.00億円

■業績考察
1Qは「CRガールズ&パンツァー」を23145台、「CR烈火の炎」を17186台、
「めぞん一刻 桜の下で」を6972台、前期からの増産分になる「南国物語」を
22298台(合計で30110台)など販売して、これまでの累計はパチンコ機が
41001台、パチスロ機が29899台となりました。

≪遊技機販売の進捗状況≫
heiwa_20160814_v1.png
※営業利益と純利益には、遊技機事業以外の損益も含まれています。

業績に安定感のある平和ですが、1Qでも遊技機事業とゴルフ事業で順調に
収益をあげて純利益は76.49億円となりました。事業環境としてはパチンコ
関連で伊勢志摩サミット、ゴルフ関連で熊本地震があり、決して良い状況では
なかったものの、しっかりとした経営管理が行なわれている表れで、高く評価
しています。

2Qはホール導入状況から予想して、「CR逆転裁判(甘デジ)」が約2100台、
「CRAガールズ&パンツァー」が約7500台、「ルパン三世 消されたルパン」
が約17000台、「南国物語SPECIAL」が約8000台(一部は計上済み?)
となっており、この他にも8月末に「CRドラム黄門ちゃま」、9月頭には「ロスト
プラネット2」が導入予定デス。おそらく、1Q実績よりも若干少ない販売台数
になると思われますが、中間決算の下方修正に至るまで減額される事もない
と見ています。

今期最大の注目は、10月24日から導入される「CRルパン三世 Lupin The
End(9作目)」であり、売行きによってはどちらの業績修正も考えられるぐらい
影響力の強い機械となっています。前作はホールさんの期待を裏切る結果に
終わったものの、ここで実績を残せれば不評の多い新基準パチンコ機に一石
を投じる事ができ、平和に対する信頼は揺らぎないものになるでしょう。

株価は2100円前後で安定した動きをしていますが、パチンコ業界の先行き
をネガティブに捉えている三菱UFJモルガンスタンレー証券の目標引下げも
あり、PER7.2倍(純利益300億円)という驚異的な水準に留まっています。
ユニバーサルやセガサミーがなければ全力で買うレベルですが、株式投資
おいて値動きは重要なファクターの1つであり、現在の1300株から買い増し
する予定はありません。ただ、「CRルパン三世 Lupin The End」の売行きと
評価次第では、一気に主力株へ化ける可能性も否定できないよね(`・ω・´)

-----------------------------------------------------------------------

最後にパチンコ関連株の株価指数を見ておきましょう。数値は8月26日(金)
の終値で算出しており、評価は業績動向や進捗率を考慮しています。
pachinko_kanren_kabu_20160826_v1.png
今回からマルハンさんの子会社であるイチケンを加えました。普段は触らない
建設関連株ですが、割安感もあるのでお試しに6000株ほど拾ってみました。

ではぁ@w@ノシ

nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【2017年1Q決算①】 パチンコ関連株 決算考察@w@! [決算考察]

【注意】 株取引はご自身の判断と責任で行っていただきますようお願いします。
-----------------------------------------------------------------------
いやぁ~どうもです。

だいぶ遅くなってしまいましたが、今回からパチンコ関連株の1Q決算を考察
していきたいと思います(`・ω・´)


藤商事
-----------------------------------------------------------------------
■平成29年3月期第1四半期(平成28年4月1日~平成28年6月30日)
売上高    :  73.05億円 (進捗率:14.6%)
営業利益  : -7.64億円 (進捗率:赤字のため対象外)
経常利益  : -6.99億円 (進捗率:赤字のため対象外)
1Q純利益  : -5.16億円 (進捗率:赤字のため対象外)

■今期会社予想(平成28年4月1日~平成29年3月31日)
売上高    : 500.00億円
営業利益  :  50.00億円
経常利益  :  50.00億円
通期純利益 :  33.00億円

■業績考察
1Qは「CR遠山の金さん 二人の遠山桜」を8800台、「CRAリング 呪い再び」
を約4000台、「CRA着信アリ」を約3600台、前期からの持越し分として「CR
東京レイヴンズ」を約3400台(合計で約5400台)販売し、これまでの累計は
パチンコ機が22800台となりました。(遠山の金さん以外は、独自に算出した
予想数値を記載しています。)

≪遊技機販売の進捗状況≫
fujisyouji_20160814_v1.png
※営業利益と純利益には、遊技機事業以外の損益も含まれています。

伊勢志摩サミットによる全国的な新装自粛の影響を受け、新機種は「CR遠山
の金さん 二人の遠山桜」の1タイトルに留まりましたが、7月以降も導入されて
約19600台まで伸びており、このうち1万台ぐらいが2Q決算にスライドされる
見込みデス。

2Qは連休明けから「CR仄暗い水の底から」が12000台、「CRピカれ!まる
まるアイランド」が5000台予定されています。どちらも大量導入が期待できる
機械ではない事から、今のところ半期の販売目標である6.7万台に届かない
可能性が高く、純利益ベースで見ても2Qだけで13億円稼ぐ必要があるため、
中間決算に向けて下方修正は避けられないでしょう((((;゜Д゜)))

株価は1100円ぐらいで推移して底堅さを感じますが、通期達成のシナリオが
見えるまではリスクを取って投資する理由がなく、下期にリリースされる機械を
見てから判断しても遅くないよね(´・ω・`)


セガサミーホールディングス
-----------------------------------------------------------------------
■平成29年3月期第1四半期(平成28年4月1日~平成28年6月30日)
売上高    :  706.34億円 (進捗率:18.6%)
営業利益  :   30.55億円 (進捗率:15.3%)
経常利益  :   29.85億円 (進捗率:14.9%)
1Q純利益  :   41.11億円 (進捗率:41.1%)

■今期会社予想(平成28年4月1日~平成29年3月31日)
売上高    : 3800.00億円
営業利益  :  200.00億円
経常利益  :  200.00億円
通期純利益 :  100.00億円

■業績考察
1Qは「コードギアス 反逆のルルーシュR2」を25239台、「ロストアイランド2」
を2369台、「CRビッグドリーム神撃(甘デジタイプ)」を11249台、「デジハネ
CRあしたのジョー」を5483台、「CRスーパーロボット大戦」を約3100台など
販売し、これまでの累計はパチスロ機が29902台、パチンコ機が20525台
となりました。(スーパーロボット大戦は、独自に算出した予想数値を記載して
います。)

≪遊技機販売の進捗状況≫
segasammy_20160814_v1.png
※営業利益と純利益には、遊技機事業以外の損益も含まれています。

1Qは、6月導入の「コードギアス 反逆のルルーシュR2」が営業目標を1万台
上回る25239台の売上げとなりましたが、伊勢志摩サミットによるホールさん
の新装自粛もあり、遊技機販売は50427台に留まりました。しかし、これまで
足を引張ってきたセガのエンタテインメントコンテンツ事業が収益を強く支えて、
純利益は41.11億円のサプライズ決算となっています。

エンタテインメントコンテンツ事業については、特に利益を押し上げている新規
コンテンツが見当たらず、暫らく様子を見ていく必要はあるものの、これまでに
実施してきたグループ構造改革の成果ではないかと思っています。もしこれが
一時的な数字ではなく、2Q以降も安定して収益に貢献するようであればセガ
サミーの企業価値を一気に高める可能性がありそうデス(`・ω・´)

2Qはホール導入状況から予想したところ、「偽物語(Aタイプ)」が約5300台、
「北斗の拳 将(Aタイプ)」が約14900台、「CRガオガオキング2」が2タイプで
約9900台となっており、現在導入中の「CR蒼天の拳天帰」が約42000台で
連休後にどこまで伸びるのか注目しています。9月からは「BLOOD+ 二人の
女王」が25000台予定されており、現実的な数値として9万台で見ています。

純利益は1Qで41.11億円となりましたが、2Qでは不動産売却の特別利益
として94億円が加算されるため、通期で210億円(PER17倍)~260億円
(PER14倍)を見込んでいます。今期は本来の利益ベースで130億円ぐらい
(PER28倍)になるのではないでしょうか@w@?


ユニバーサルエンターテインメント
-----------------------------------------------------------------------
■平成29年3月期第1四半期(平成28年4月1日~平成28年6月30日)
売上高    :  203.77億円 (進捗率:18.5%)
営業利益  :   24.93億円 (進捗率:14.8%)
経常利益  :   97.42億円 (進捗率:58.0%)
1Q純利益  :   68.92億円 (進捗率:74.9%)

■今期会社予想(平成28年4月1日~平成29年3月31日)
売上高    : 1100.00億円
営業利益  :  168.00億円
経常利益  :  168.00億円
通期純利益 :   92.00億円

■業績考察
1Qは「アステカ 太陽の紋章」と「沖ドキ!パラダイス(30パイ込み)」を販売し、
これまでの累計はパチスロ機が40000台となりました。

≪遊技機販売の進捗状況≫
universal_20160814_v1.png
※営業利益と純利益には、遊技機事業以外の損益も含まれています。

「沖ドキ!パラダイス(30パイ込み)」の導入予想が約4700台のため、4月に
導入された「アステカ 太陽の紋章」はそのほとんどが今期分として計上されて
いたようデス。1Q決算は赤字を予想してましたが、好調な遊技機事業に加え、
社債の為替評価差益として72.25億円が計上されて、純利益を強く押し上げ
ました((((;゜Д゜)))

2Qは7月下旬に導入された「バーサス」が約1万台(予想数値)となっており、
8月中旬には「デッドオアアライブ5」、9月には「魔法少女まどか☆マギカ2」と
「CRえとたま」が予定されています。「魔法少女まどか☆マギカ2」は3万台の
販売計画となっているものの、前作の稼動実績を考えればもう少し上積みが
見込めるため、実際にどれぐらい導入されるのか?という点に注目デス。

株価は業績に関係なく、オカダマニラ(旧マニラベイリゾーツ)の開業が迫るに
連れて資金が入りやすい相場となっており、投機的に売買されつつも水面下
では潜在価値を探る流れが続いています。現在の時価総額が約2300億円
であり、カジノの収益が加わる前提で純利益200億円のPER20倍とすれば、
時価総額で4000億円ぐらい(株価5000円)は現実的にも許容される範囲だ
と思います。過去10年間の株価チャートでも5000円を超えたところが天井に
なっているので、もし高値を抜いてくるなら、そのあたりが市場でも意識される
節目になりそうだよね(`・ω・´)

-----------------------------------------------------------------------

最後にパチンコ関連株の株価指数を見ておきましょう。数値は8月12日(金)
の終値で算出しており、評価は業績動向や進捗率を考慮しています。
pachinko_kanren_kabu_20160814_v1.png
1Q決算はパチンコ関連の24社中、9社が赤字となりました。伊勢志摩サミット
や急激な為替変動という要因はあったものの、ここまで厳しい決算は見た事が
なく、2Q決算では赤字企業が減っている事を願いたいですね>w<;

次回は、「パチンコ関連株1Q決算考察(その2)」をお送りします@w@ノシ

nice!(7)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【2017年1Q決算】 パチンコ関連株の決算日をチェックしよう@w@! [決算考察]

【注意】 株取引はご自身の判断と責任で行っていただきますようお願いします。
-----------------------------------------------------------------------
いやぁ~どうもです。

暫らくお休みしている間に、パチンコ関連株の1Q決算シーズンとなってしまい
ました。既に多くの企業が決算発表済ですが、注目銘柄のポジションも含めて
決算考察の前にチェックしておきたいと思います。

まずは決算カレンダーから見てください。

決算予定日    コード  銘柄 (青字は今回取り上げる銘柄デス)
-----------------------------------------------------------------------
7月12日(火)  1418  インターライフホールディングス
7月15日(金)  2411  ゲンダイエージェンシー
7月25日(月)  6730  アクセル
7月28日(木)  9697  カプコン
7月28日(木)  6419  マースエンジニアリング
7月29日(金)  9766  コナミホールディングス
7月29日(金)  6257  藤商事
7月29日(金)  2767  フィールズ
7月29日(金)  8141  新光商事
7月29日(金)  6737  EIZO
8月02日(火)  6460  セガサミーホールディングス
8月02日(火)  6418  日本金銭機械
8月03日(水)  7991  マミヤオーピー
8月04日(木)  6457  グローリー
8月04日(木)  6417  SANKYO
8月05日(金)  6412  平和
8月05日(金)  6736  サン電子
8月05日(金)  6625  JALCOホールディングス
8月09日(火)  6425  ユニバーサルエンターテインメント
8月09日(火)  6430  ダイコク電機
8月10日(水)  6249  ゲームカードジョイコホールディングス
8月10日(水)  4712  アドアーズ
8月10日(水)  1847  イチケン
8月12日(金)  6428  オーイズミ
-----------------------------------------------------------------------
1Q決算では、伊勢志摩サミットによる新台入替の自粛期間(全国で約1ヶ月)
があったため、パチンコ関連企業の業績にどれぐらい影響したのか?といった
あたりが注目ポイントになります。遊技機メーカーとしては自粛前後の駆込み
需要があったものの実質2ヶ月分の営業実績しかなく、例年より厳しい決算が
見込まれそうデス((((;゜Д゜)))

6月23日に日工組から公表された第3次回収リスト(遊技くぎ問題の対象機)
については2Q以降の動向を伺っていく事になりますが、前に遊技機メーカー
の社員さんから聞いていた内容と変わりなく、この程度であれば今期見通しに
織込み済と考えて良いでしょう。

では続いて、自分が注目しているパチンコ関連株を見ていきたいと思います。

-----------------------------------------------------------------------

■セガサミーホールディングス / 決算予定日:8月2日(火)
6460_segasammy_20160731_v4.png
1Qは自粛明けから導入された「コードギアス反逆のルルーシュ」が25300台
ぐらい売れて、残りはパチンコ3機種とパチスロ1機種で19000台程度と予想
しています。販売台数だけ見れば赤字決算は避けられず、最近の株価低迷は
悪い業績を見越した処分売りが出ているためだと考えています。

現在5700株ほど持っていますが、厳しい地合いでの赤字は結構なインパクト
になる可能性が高く、決算前には空売りを入れて下落分を補填する予定デス。
ただし短期的には売り目線でも、長期的には仁川(韓国)でのカジノリゾート
着々と進行しており、今の水準なら買い目線で良いと思っています(`・ω・´)

-----------------------------------------------------------------------

■ユニバーサルエンターテインメント / 決算予定日:8月9日(火)
6425_universal_20160731_v4.png
マニラベイリゾーツの期待感から株価が乱高下しているユニバーサルですが、
1Qは前期からの持越しとなる「アステカ太陽の紋章」の約23000台に対して
「沖ドキ!パラダイス(30パイ込み)」が約4700台と伸び悩んだため、過去の
実績から考えて赤字決算は避けられないと見ています。

現状、株価には織り込まれてないものの、安値圏では妙味ありとみる投資家も
多く、それほど影響しない可能性が高そうデス。少しだけポジションを増やして
2300株になりましたが、ここは短いスパンで気にしてもしょうがないよね。

-----------------------------------------------------------------------

■ダイコク電機 / 決算予定日:8月9日(火)
6430_daikoku_20160731_v4.png
子会社のDAXELから販売された「探偵歌劇ミルキィホームズTD」がサミット前
の駆込み需要も手伝い約8000台となり、前期リリースの「サムライガールズ」
を3000台ほど上回りました。稼動の方はホールさんを裏切る結果に終わった
ものの、萌えスロメーカーとしての可能性を感じさせる1台だったと個人的には
高く評価しています(`・ω・´)

しかしダイコク電機の利益率はここ数年でみるみる落ちており、ついに前期は
純利益で-16.76億円の赤字となりました。業績に対して信用を失っている
中、今回の1Q決算でどこまで挽回できるのか?という点に注目して、お試しで
700株だけ持っています。

~探偵歌劇ミルキィホームズTD 消えた7と奇跡の歌~

勝てないけど面白い台なので、見かけたら打ってみてくださいw

次回は、「パチンコ関連株1Q決算考察(その1)」をお送りします@w@ノシ

nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の10件 | - 決算考察 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。