So-net無料ブログ作成

ユニバーサルエンターテインメント第42期定時株主総会@w@! [株主総会]

【注意】ブログ&HPの内容による利益損益に関しては、一切の責任を負いません。
-----------------------------------------------------------------
いやぁ~どうもです(≧∇≦)

ユニバーサルエンターテインメント第42期定時株主総会に行ってきました。
universal_20150626_kabunusisoukai_v1.png
会場は昨年と同じく「ホテル日航東京」で開催されて、180人ぐらいの株主さんが
出席していました。前期業績や今期見通しについては「通期決算考察」で書いた
とおりなので、興味のある人は見てください。また、ウインリゾート社をめぐる訴訟
問題については、「WYNN社の派閥闘争に敗れる」を見てください(`・ω・´)

~質疑応答~ (注意:言葉にはニュアンス的な表現も含まれています。)
-----------------------------------------------------------------
■質問者:株主さん
ウインリゾート社からの受取手形について、3月末時点の額面金額と円換算後で
いくらぐらいになるのか教えてほしい。

■回答者:富士本社長
手形についてはウインリゾート社が一方的に発行してきたもので、ユニバーサル
としては消却されたという認識は持っていないが、額面残高は約19億米ドルで、
2300億円程度となっている。簿価は545億3400万円としている。

■質問者:株主さん
取締役候補の岡田幸子さんについて、今後どのような仕事をしていくのか教えて
ほしい。

■回答者①:富士本社長
カジノ事業をはじめ、多岐にわたる事業を展開してきたが、これまで管理本部を
管理する適任者がいなかったため、お願いすることにした。

■回答者②:岡田(幸子)取締役
事業全体を見通して、組織体制の強化に繋がるよう頑張っていきたい。

■質問者:株主さん
マニラベイリゾーツの建設費用について、詳しく聞きたい。

■回答者:岡田会長
現在、開発を進めているマニラベイリゾーツは、フィリピンにあるカジノリゾートの中
でもNo.1になるぐらいの大きな施設を予定している。まずは第一ステップとして
ホテルに2000億円、第二ステップとしてショッピングセンターなどに1000億円、
第三ステップとして状況に応じて開業後の2年か3年で1000億円の投資を検討
しており、概算で4000億円ぐらいになる。ホテルの外装工事は年内で完了する
見込みだが、1000室を超える設備工事が2016年いっぱいまで掛かると思う。

■質問者:株主さん
マニラベイリゾーツに掛かる建設費用の4000億円について、昨年の株主総会で
「皆さんにお願いするかもしれない!」という発言が岡田会長からあったようだが、
資金調達はどうするつもりなのか教えてほしい。

■回答者:岡田会長
ホテル建設に掛かる2000億円のうち、既に1000億円は投資しており、残りの
1000億円はファイナンス会社から調達することになっている。第二ステップでは
1000億円の投資を計画しており、続けて検討していくことになるが、今のところ
増資する計画はなく、独立性を維持できる範囲でマニラベイリゾーツの運営会社
を上場させ、その資金を使って投資していきたい。

■質問者:株主さん
マニラベイリゾーツの進捗状況を教えてほしい。

■回答者:岡田会長
既にコンクリートの基礎部分は終わり、これから建物の外側全体に耐熱ガラスを
使ってカーテンウォールにしていく。それが7月からはじまり、年内には完了する。
ホテルの設備工事は最も時間が必要であり、来年いっぱいまで掛かるが、現地
に建築部材も集まっているので、平行して今から進めていきたい。

■質問者:株主さん
国内カジノについて、どうなっているのか聞きたい。

■回答者:富士本社長
まだ法案の段階であり、ユニバーサルがどうこう言える立場ではないが、そのうち
日本にもカジノができると思っている。国内カジノについては今のところ白紙だが、
カジノマシン、カジノ運営、カジノリゾート施設の建築などユニバーサルにしかない
ノウハウがあるため、将来的には検討していくことになる。

■質問者:株主さん
次回から株主総会の集中日を避けてもらいたい。

■回答者:富士本社長
検討していきます。

■質問者:株主さん
マニラベイリゾーツについて、2015年までに完成しないとカジノを開業できないと
いう話もあったが、問題はないのか?

■回答者:岡田会長
あれは空港から繋がる高速道路の完成時期が2015年3月で、担当者の認識
が間違っていた。カジノライセンスに引っかかるようなことはないので、安心して
ほしい。

■質問者:株主さん
今後の資本政策について、大よその見込みで構わないので教えてほしい。

■回答者:岡田会長
マニラベイリゾーツの運営会社をホテルが完成する前後に上場させて、借入れの
返済をおこなっていく。最終的に4000億円の投資をした後でも50%近い持ち分
を維持し、ユニバーサルが投資する形で保有していく。マニラベイリゾーツを上場
させることにより、効率の良い資金調達が可能になる。

■質問者:株主さん
ウインリゾート社との裁判は、いつ頃終わる見込みなのか教えてほしい。

■回答者:徳田取締役
期限はユニバーサルが決めることではないため、いつまでとは言えないが、まだ
ディスカバリー(情報交換)の段階で、一般的には今後1年か2年で審査に入って
いく見込みとなっている。動きがあり次第、情報開示していく。

■質問者:株主さん
監査役の荒井弁護士が任期途中で退任した理由を聞きたい。

■回答者:徳田取締役
一身上の都合でやめることになった。

■質問者:株主さん
社外取締役は独立性を求められるが、どういった仕事をしてもらうために選任した
のか聞きたい。

■回答者:徳田取締役
ガバナンス強化のため、弁護士の先生に社外取締役をお願いした。

■質問者:株主さん
3月18日のIRで大陪審発令に係る召喚状が届いたようだが、どういうことなのか
教えてほしい。

■回答者:徳田取締役
大陪審の召喚状ではなく、単に話を聞きたいということでインタビューを受けた。

■質問者:株主さん
国内カジノについて、時価総額で数兆円クラスの外資系が参入してくるという話を
聞くが、日本企業との規模があまりにも違いすぎる。そこで777タウンで提携した
時のように、セガサミーと共同でカジノをやっていく意向はないのか?

■回答者:富士本社長
過去には特許訴訟で争っていたこともあったが、今はメーカー内で共有しており、
コンテンツビジネスでは協力していく関係となった。国内カジノについては特に話
もしてないが、もしお互いに協力できることがあれば検討していく。

■質問者:株主さん
岡田美術館はとても素晴らしく感動した。ぜひ定期的に入場券を配布してほしい。

■回答者:富士本社長
前向きに検討していきます。

■質問者:株主さん
今期はパチンコ機を7万台予定しているが、老舗メーカー(マルホンや奥村遊機)
が倒産し、斜陽産業と言われる中で難しいのではないか?

■回答者:富士本社長
規則改正などの影響もあり、これまでパチンコ業界は5年~7年ぐらいの周期で
良い時期と悪い時期を繰り返してきたが、いずれまた上向く時が訪れると思う。
遊技機部材や映像コンテンツを外注にするか内製するかで、1台あたりの利益
が大きく変わってくるため、前期はどのメーカーも台数を裁けず低迷していたが、
ユニバーサルは計画を上回る結果となった。これは部材を内製化できている点
が大きい。

今年になって中堅クラスの遊技機メーカーが倒産するなど、未だに厳しい状況は
続いているものの、開発コストをどれだけ抑えられるか?ということが重要であり、
これができてない会社は販売競争に生き残れなくなる。おそらく遊技機メーカー
の2割か3割ぐらいは、いなくなるのではないか。

今期はパチンコ機を7万台を予定しているが、現在「CRミリオンゴッドライジング」
は2万台~3万台の受注がきており、今後も複数のタイトルを販売していく計画と
なっている。7万台は決して無理な台数ではなく、どちらかというと堅くみている。

■質問者:株主さん
最近のパチンコ機は音や光が過剰すぎるので、ユニバーサルが作る台は抑えて
ほしい。

■回答者:富士本社長
音や光を派手にすることで射幸心を煽るのではなく、パチンコの本質を活かした
機械作りで頑張っていく。

■質問者:株主さん
レストラン事業について、国内の展開は考えてないのか?

■回答者:富士本社長
香港で運営しているレストランは、ミシュランガイドで1ツ星をいただき、ベストオブ
アワードオブエクスペリエンスにも選ばれるぐらい順調にきている。国内に向けた
展開は今のところ未定だが、香港と連携をとって検討していきたい。

■質問者:株主さん
岡田ホールディングスの資金管理について、問題のない範囲で教えてほしい。

■回答者:富士本社長
個人の管理会社に関することであり、それ以上のことは言える立場にない。

■質問者:株主さん
「ハナビ」や「沖ドキ!」などの自社版権シリーズが順調に伸びているが、今後は
ライセンス機とオリジナル機のどちらに力を入れていくのか教えてほしい。

■回答者:富士本社長
どちらもバランスよくやっていくが、その版権に見合う機械作りが重要で、例えば
「ミリオンゴッド」をはじめとするコイン単価の高い機械は、規制強化後はブランド
価値が低下してしまう。現在ホールさんに置かれているパチスロ機の25%ほど
は4円前後だが、これからは3円前後が主流になると考えており、「バジリスク」
程度の機械であればスペック的にも問題はない。爆裂タイプでなくても、面白い
機械は作ることができる。

~気になったポイント~
-----------------------------------------------------------------
①マニラベイリゾーツに掛かる建設費用は、総額で4000億円を予定している。
②2017年にマニラベイリゾーツの運営会社を上場させる方向で検討している。
③資金調達は1000億円を借入れ、残りはマニラベイリゾーツの上場で賄う。
④今のところ増資する予定は全くない。
⑤ウインリゾート社からの受取手形は、円換算で2300億円程度に増えている。
⑥パチスロは、コイン単価で3円前後の機械が主流となっていく。
⑦今後、遊技機メーカーの2割か3割ぐらいは生き残れない可能性がある。
-----------------------------------------------------------------
昨年の株主総会では、岡田会長からファイナンス(資金調達)に関する話があり、
増資を行なうのか注目されましたが、マニラベイリゾーツの株式上場を前提とした
1000億円の借り入れプランも決まって、そういった懸念点はなくなったようデス。
建設費の概算や株式上場も含めた資本政策など、だいぶ具体化してきた印象が
あり、完成までにまだ2年ほど掛かりそうですが、期待して良いでしょう@w@!

最後に、御土産の画像など、、、(≧∇≦)
-----------------------------------------------------------------
P1030010.JPG
岡田会長のお話も聞けて、大満足な株主総会でした@w@!

P1030016.JPG
お土産をいただきましたよ。岡田美術館の豪華なパンフレットも入ってました。

P1030020.JPG
中身は、岡田美術館で販売されている高級クッキーセット(2600円)でした。

P1030025.JPG
ネットで調べたら、1袋650円(クッキー1枚あたり82円)とのことデス。高すぎて
食べる気になれないよね((((;゜Д゜)))

※追記(2015/6/30)
P1030033.JPG
週明けに送られてきた決議通知書に、品のある封筒が入っていました。

P1030038.JPG
中には岡田美術館の招待券(2800円相当)が1枚入ってました。昨年に引続き
ユニバーサルさん、ありがとうございます>w<;

ではぁ@w@ノシ

nice!(6)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

セガサミーホールディングス第11期定時株主総会@w@! [株主総会]

【注意】ブログ&HPの内容による利益損益に関しては、一切の責任を負いません。
-----------------------------------------------------------------
いやぁ~どうもです(≧∇≦)

セガサミーホールディングス第11期定時株主総会へ行ってきました。第8期から
4年続けての参加となりますが、ユニバーサルと並ぶぐらい大好きな会社であり、
この日を楽しみにしていました。
segasammy_20150617_kabunusisoukai_v3.png
会場は例年通りに「ザ・プリンス パークタワー東京」で開催され、市況を反映して
なのか1700人ぐらいの株主さんが出席していました。セガサミーの前期業績や
今期見通しについては「通期決算考察」で書いたとおりなので、興味のある人は
見てください。

~質疑応答~ (注意:言葉にはニュアンス的な表現も含まれています。)
-----------------------------------------------------------------
■質問者:株主さん
国内カジノの状況について、どうなっているのか聞きたい。

■回答者:里見会長
4月28日にIR推進法案が衆議院へ提出されたが、まだどの委員会で審議する
のか検討している段階だと聞いている。これは個人的な考えだが、通常国会の
会期が延長されるようなら、法案通過の可能性が高いとみている。

■質問者:株主さん
障害者雇用について、どうなっているのか聞きたい。

■回答者:里見会長
グループ全体の正社員は7800人ほどいるが、全体の2%程度に留まっている。
積極的に雇用するよう検討していきたい。

■質問者:株主さん
コンシューマー向けの新規タイトルが無難に売れそうなものしかなく、もっとファン
の期待に応えられるゲームを作ってほしい。ちょうど昨日「シェンムー3」が話題に
なっていたが、同じく根強いファンがいる「電脳戦機バーチャロン」や「サクラ対戦」
なども検討してほしい。

■回答者①:里見(治紀)取締役
「シェンムー」の続編を待望する声は以前から多く、今回クラウドファンディングに
よって実現することができた。今後もクラウドファンディングに限らず、例えば他社
にゲーム製作を依頼するような方法も含めて、いろいろ検討していきたい。

■回答者②:里見会長
スマホ向けゲームの人気がすごく、セガ(コンシューマー)から人員をシフトさせた
効果が出ている。売上げも順調に伸びており、現段階ではコンシューマーよりも
スマホ向けの方がメインになってしまう。

■質問者:株主さん
ストックオプションの目的について、どう考えているのか聞きたい。株主に不利益
となることはないのか?

■回答者:里見会長
役員に対しては経営に対する責任感を持ってもらい、社員には賞与以外の報酬
(ロイヤリティ)を与え、モチベーションの向上につなげる狙いがある。今後は役員
社員ともに株価を上げるつもりで頑張っていく。

■質問者:株主さん
リゾート事業について聞きたい。

■回答者:里見会長
現在、仁川(韓国)でカジノ開発を進めており、2016年12月には完成し、3ヶ月
の研修期間を組んで、春頃にオープンできる見込みとなっている。既に小規模な
カジノ施設をパラダイス社と運営しているが、こちらはクローズしてシフトさせる。
宮崎県のフェニックスリゾート(シーガイア)の改修もおこない、オリンピック競技の
練習場として使ってもらえるようにお願いし、集客につなげたい。ここはカジノ向け
の施設としても使えるので、将来的に検討していくが、首都圏と関西でもカジノを
やりたいと考えている。

■質問者:株主さん
受付時に手荷物検査を受けたが、何があったのか教えてほしい。

■回答者:里見会長
発砲事件の影響で警察から指導があり、株主様の安全も配慮して、手荷物検査
を実施することになった。

■質問者:株主さん
業績が低迷しているのに、1億3000万円相当のストックオプションを役員と社員
に与えるというのは違和感を感じる。また、1度決めると無条件に毎年付与される
懸念もあり、その辺をどう考えているのか聞きたい。

■回答者:里見会長
ストックオプションは株価が上がらなければ行使されずに終わるため、役員と社員
に与えることで業績アップに繋がると考えている。また来期以降も無条件に付与
されるということはない。

■質問者:株主さん
前期に-150億円の特別損失を計上したことについて危機感を持っており、これ
から本当に業績が良くなるのか不安になる。そこで、業績が改善しなければ役員
報酬を3割カットするぐらいの姿勢をみせていただきたい。もし今期の業績も悪化
するようなら、社会人野球をやめるぐらいの覚悟が必要だと思う。

■回答者:里見会長
業績が悪いからと言って、社会人野球を廃部にするようなことはしない。既に役員
報酬はカットしており、今期も悪ければ検討していくが、前期の構造改革によって
セガは3桁の営業利益を出せるようになっている。遊技機事業については規制の
絡みで不透明なところもあるが、業界全体として数値も改善しており、底打ちした
ように感じている。今すぐに営業利益で500億円稼ぐことは難しいが、ある一定の
業績は見込めるようになったと考えている。

■質問者:株主さん
ブラック企業対策について聞きたい。

■回答者:里見会長
グループ全体で調査したところ、開発部門に長時間残業が見られる社員がいる。
残業しないように指導しているが、自主的に頑張っているため難しい。ただ決して
ブラック企業と呼ばれるような就労環境ではない。

■質問者:株主さん
前期は赤字だったのに、役員報酬が多すぎるのではないか?

■回答者:里見会長
役員報酬は半分に減額している。業績が改善しなければ、今期も検討していく。

■質問者:株主さん
業績悪化によって、株価が低迷していることを役員一同は強く意識してほしい。

■回答者①:岡村取締役(セガゲームス)
グループ全体の収益について、これまでセガが足を引っ張ってきたと感じている。
ただ、今期は10期ぶりに3桁(営業利益115億円)を達成できそうなぐらい好調
であり、収益に貢献していきたい。

■回答者②:青木取締役(サミー)
遊技機事業は収益の柱であって、責任を感じている。ここから利益を伸ばすことは
業界的にも難しいが、1台あたりのコストを下げることで収益に貢献していく。

■回答者③:小口取締役(サミー)
7号向けのノウハウを活かして、2年前からカジノ機器の開発に取り組んできたが
ようやく完成し、先日マカオのカジノ会社に納品することができた。これからも開発
を進めて、利益貢献できるようにしていきたい。

■質問者:株主さん
ストックオプションを与え、社員のモチベーションアップに繋げることは良い案だが、
それなら業績に連動させて達成目標を設けなければ意味がないように思える。

■回答者:里見会長
達成目標を明確にして、成果を上げた人に付与されるようしていきたい。

■株主総会後に里見会長からお話がありました(`・ω・´)
前期は営業利益が200億円を割込み、株価も低迷しているが、株主の皆様には
もう少しだけ我慢してもらいたい。これまでゲーム部門が苦しかったが、構造改革
を断行し、セガゲームスが3桁の営業利益を出せる会社になった。セガゲームス
の事業規模を考えれば100億円でも満足してはいけないが、まずは結果を出す
ことが重要だと思っている。現在、スマホ向けの「モンスターギア」が好調に推移
しており、これはセガゲームスが得意とするところなので期待してもらいたい。

仁川(韓国)のカジノ工事も順調に進んでおり、2017年春ごろのオープン予定と
なっている。国内カジノは今期の通常国会(会期延長込み)で、ほぼ結論が出る
と考えており、もしIR推進法案が通ればセガサミーの株価にも良い影響があると
思う。5年以内を目処に、グループ全体で営業利益1000億円を稼げるようにして
いきたい。

~気になったポイント~
-----------------------------------------------------------------
①仁川(韓国)のカジノ開発は、2017年春ごろの完成予定となっている。
②里見会長はIR法案について、今期の通常国会で結論が出るとみている。
③里見会長は、セガゲームスが高収益企業に変わったと確信している。
④5年以内を目処に、グループ全体で営業利益1000億円を目指している。
⑤既にロデオとフィールズの資本関係は切れていた。
⑥BOOOM社の社長さんは、サミーの偉い人だった。
⑦仁川のカジノ次第では、5年以内に営業利益1500億円も夢ではないかも?
-----------------------------------------------------------------
①②③④は株主総会の内容で、⑤⑥は懇親会で役員さんに直接聞いたことで、
⑦は顔見知りの社員さんとお話して聞きました。(あくまで可能性の話デス。)

前期が赤字だったこともあり、昨年より厳しい意見も多かったですが、いろいろと
聞けて良かったデス。里見会長がサミーやカジノよりもセガゲームスに熱くなって
いた点が印象深く、それぐらい「モンスターギア」が好調に伸びているということが
わかりました。あとで自分もダウンロードして楽しみたいと思います。

最後に、懇親会の様子や御土産の画像など、、、(≧∇≦)
-----------------------------------------------------------------
P1020965.JPG
今回で4回目の参加でしたが、すべて100点満点の株主総会だと思います。

P1020969.JPG
今年も懇親会が用意されてました@w@!

P1020973.JPG
懇親会では、和洋中の料理が超大量に用意されてました。自分はお寿司セット
を3つもいただきましたよ。

P1020986.JPG
今年も里見会長と撮っちゃった(≧∇≦)

P1020984.JPG
完全に恒例行事となっていますが、夏野さんとも撮ったよ(≧∇≦)

P1020990.JPG
帰りにお土産をいただきました。パスカードは持ち帰りOKデス。

P1030001.JPG
お土産の中身は、シチズンの電波時計でした。左下にセガサミーのロゴが入って
いるので、大切に保管したいと思いますw

次回は「ユニバーサルエンターテインメント株主総会」をお送りします@w@ノシ

nice!(3)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【第二回】 従業員持株会制度を活用しよう@w@! [株日記]

いやぁ~どうもです。

現在、資産の大半をパチンコ関連株で運用してますが、実は従業員持株会制度
を活用して、会社の株(日経225銘柄)も買っています。そこで約2年ぶりになり
ますが、持株会の資産状況を見てもらおうと思います(`・ω・´)

従業員持株会制度の仕組み等については、前に詳しく書いているので、もし興味
があったら見てください ⇒ 【第一回】 従業員持株会制度を活用しよう!

下記は、昨年11月までの資産状況デス。表の見方は①~⑥で説明します。
スキャン0001_v5.png
①毎月の出資額(15000円)であり、ボーナスは別途3倍出資となります。
②会社から貰える奨励金(一般的には5%前後らしい)が加算されます。
③ドルコスト均等法で買えた株数です。買付日の株価によって変動します。
④これまでの拠出金/奨励金/配当金であり、拠出金=自分の出資額です。
⑤これまでに買えた株数です。株主権利を得るため1000株引出しました。
⑥平均取得単価です。株価がこれを上回れば、その分が利益になります。

2012年の頃は-75万円ぐらいの含み損でしたが、平均取得単価を落とすため
上限いっぱいの38000円に増額して買いまくったことで、現在では+170万円
ぐらいの含み益に転換しています。今のところ売却するつもりはないので、いくら
含み益があっても関係ないですが、気分的には悪くないよね(゚∀゚)

従業員持株会で用いられるドルコスト均等法は、「相場変動にとらわれない安定
した投資ができる!」とされていますが、出資金額は半年ごとに変更できるため、
相場が悪いときに全力で買いまくり、上昇相場では抑えるようにして、これからも
ハイリターンを目指していきたいと思います。

ではぁ@w@ノシ

nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。