So-net無料ブログ作成

東証IRフェスタ2015@w@! [株日記]

【注意】ブログ&HPの内容による利益損益に関しては、一切の責任を負いません。
-----------------------------------------------------------------
いやぁ~どうもです。

東京国際フォーラムで開催された「東証IRフェスタ2015」に行ってきました。
tsir_2015.PNG
東証IRフェスタは事業内容や業績などを個人投資家に幅広く知ってもらい、株主
になってもらうことを目的として、毎年この時期に開催されています。様々な業種
の社員さんと自由に話をすることができて、リアルな景況感や市場動向を聞ける
ことも多く、昨年そこそこ利益の出せたレオパレスの投資も、この東証IRフェスタ
がキッカケだったりします。

今回は8800株(約1300万円)を投資している藤商事さんが出展していたので、
質問リストを持参して気になっていることを聞いてきました(`・ω・´)
DSC_0792.jpg
ブースはメイン通路沿いの2ブロック(出展費用100万円ぐらい)を使い、大々的
に行なわれていました。コンパニオンも2人いて、注目を集めていたと思います。
実機は、「CR暴れん坊将軍怪談」と「アレジン」が1台ずつ展示されてました。

■あるまに
昨年リリースされた「CR緋弾のアリア」が良く出来ていて、シェア拡大の可能性
を感じましたが、今後も萌えジャンルに力を入れていく考えはありますか@w@?

■社員さん
「CR緋弾のアリア」はホール様からの評価も高く、新たなジャンルとして手応え
を感じています。これからも前向きに検討していくことになると思います。

■あるまに
「CR緋弾のアリア」のシリーズ化、またはパチスロ化は考えていますか@w@?

■社員さん
詳しくは言えませんが、稼動実績のある機械はシリーズ化することで大量導入に
繋がりやすくなるため、前向きに検討していくことになります。

■あるまに
パチンコのMAX規制について、どう考えていますか@w@?

■社員さん
遊びやすくなることは良いことであり、決してネガティブには考えていません。

■あるまに
パチスロの規制強化については、どう考えていますか@w@?

■社員さん
4号機から5号機に移行したときも稼動は落ち込んだが、ここまで持ち直してきて
おり、長期的には問題ないと思います。藤商事としては、長期稼動するパチスロ
を作っていくことでホール様に信用されて、それが収益に繋がると考えています。

■あるまに
業績修正の予定はありますか@w@?

■社員さん
現在精査中であり、今期業績が見えてきたら発表します。(3月17日に上方修正
がリリースされました。)

■あるまに
業績好調ですが、増配の予定はありますか@w@?

■社員さん
配当については業績を見ながらになりますが、長期的な安定配当を目指しており
一時的な業績で上下させるものではないと考えています。

■あるまに
4Qだけ利益を落としやすい傾向にありますが、どうしてでしょうか@w@?

■社員さん
主力タイトルのリリースが偏っているためだと思います。今はまだブランド育成の
段階にありますが、将来的には上期と下期で1機種ずつリリースし、業績が安定
するようにしていくつもりです。

■あるまに
内部留保が多すぎるように思えますが、どう考えていますか@w@?

■社員さん
遊技機の開発には多額の資金が必要であり、強固な財務基盤を意識した経営と
なっています。

■あるまに
こういった個人投資家向けのイベントへ出展するようになったのは、松元社長が
株価を意識するようになったからでしょうか@w@?

■社員さん
株価に対する意識がないわけではないが、まずは藤商事という社名を多くのひと
に知ってもらうため出展しました。今後も続けていく予定です。

■あるまに
東証ジャスダックからの市場変更は考えていますか@w@?

■社員さん
今のところ考えていません。

■あるまに
株主優待については、どう考えていますか@w@?

■社員さん
株主優待の予定はなく、配当で株主還元していきます。

■あるまに
新規事業などは検討していますか@w@?

■社員さん
まずは、パチンコとパチスロの販売シェアを伸ばすことが重要だと考えています。

20分ほど社員さんをつかまえて割と突っ込んだ質問をしてみましたが、それなり
に回答してもらえたと思います。個人的な印象としては、今期は業績好調も現状
以上の株主還元策は必要ナシといった会社側の姿勢が垣間見えた気がします。
ただ、配当利回りは意識しているらしく、来期は創業50周年にあたることもあり、
業績が良ければ増配する可能性が高そうな雰囲気でした。

最後にお土産の画像など、、、
-----------------------------------------------------------------
P1020705.JPG
藤商事さんからは、フリクションとウェットティッシュをいただきました。ロゴ入りの
フリクションは嬉しいよね@w@!

P1020709.JPG
他の企業さまからも、たくさんいただきましたよ。

DSC_0781.jpg
最近のバブル相場を反映してか、どこのブースも大盛況でした。

次回は、「業績修正で株価はどう動いたのか?」をお送りします@w@ノシ

nice!(5)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【2015-3Q決算②】 遊技機関連メーカー決算考察@w@! [決算考察]

【注意】ブログ&HPの内容による利益損益に関しては、一切の責任を負いません。
-----------------------------------------------------------------
いやぁ~どうもです。

これまでの決算考察では、四半期毎の進捗状況を表にして販売台数と営業利益
を載せてきましたが、今回から純利益も追加することにしました。純利益には特別
利益等も含まれるため、遊技機メーカーの業績を読み解くには書かない方が良い
と思いましたが、販売台数から損益分岐点を出せれば決算対策にもなるし、過去
のデータも集めてグラフにしたら、良いネタが1つ書けそうだよね(`・ω・´)

では大変遅くなりましたが、遊技機関連メーカーの3Q決算考察をお送りします。


ユニバーサルエンターテインメント
-----------------------------------------------------------------
■平成27年3月期第3四半期決算(平成26年4月1日~平成26年12月31日)
売上高    : 470.28億円 (進捗率:48.5%)
営業利益  :  78.15億円 (進捗率:37.2%)
経常利益  :  86.22億円 (進捗率:43.1%)
3Q純利益  :  18.44億円 (進捗率:20.5%)

■今期会社予想(平成26年4月1日~平成27年3月31日)
売上高    : 970.00億円
営業利益  : 210.00億円
経常利益  : 200.00億円
通期純利益 :  90.00億円

■業績考察
3Qは新パネルの「アナザーゴッドハーデス」と、ロケテストから正式販売となった
「沖ドキ!」を販売し、これまでの累計台数は112500台となりました。

≪遊技機販売の進捗状況≫ 計画見直し:無
universal_20150301_v1.PNG
※営業利益と純利益には、遊技機販売以外の損益も含まれています。

9月導入の「バットマン」以降、新規販売がなかったこともあって3Qは-25億円
の赤字となりましたが、ロケテストで実績を作ってきた「沖ドキ!」は中古市場で
60万円のプレミアムが付くほど高騰しており、今後も増産が期待されています。
沖スロ同様に地域性は限られるものの、それでも1万台程度の需要は見込める
でしょう(`・ω・´)

4Qは追加販売される「沖ドキ!」に加えて、「スーパージャックポット」、「ハナビ」、
「CRバットマン」、「ミリオンゴッド神々の凱旋」の5タイトルが予定されています。
4月6日解禁の「ミリオンゴッド神々の凱旋」は、大半が今期計上される見込みで
既に7万台を完売していることから、他の4機種も合わせて10万台前後になると
思われますが、工場出荷のタイミングによっては減少する可能性もありそうデス。

今回の決算に合わせて3月5日を基準日とした特別配当が予定されていますが、
3月中に2度も権利日を設ける理由が見当たらず、ファイナンスを含めて様ざまな
懸念もあるため、少し警戒しておいた方がいいかもしれません。自分は長期分の
2200株を持ったまま放置しているので、しばらくは上がっても下がっても様子見
のスタンスです@w@;


平和
-----------------------------------------------------------------
■平成27年3月期第3四半期決算(平成26年4月1日~平成26年12月31日)
売上高    : 1508.71億円 (進捗率:73.2%)
営業利益  :  360.85億円 (進捗率:81.3%)
経常利益  :  353.67億円 (進捗率:82.8%)
3Q純利益  :  212.57億円 (進捗率:83.4%)

■今期会社予想(平成26年4月1日~平成27年3月31日)
売上高    : 2060.00億円
営業利益  :  444.00億円
経常利益  :  427.00億円
通期純利益 :  255.00億円

■業績考察
3Qは「CRめぞん一刻」を12344台、「CR黄門ちゃま超寿」を21440台、「カウ
ボーイビバップ」を15769台、その他に甘デジなどを販売し、これまでの累計は
パチンコ機が200584台、パチスロ機が48951台となりました。

≪遊技機販売の進捗状況≫ 計画見直し:無
heiwa_20150301_v1.PNG
※営業利益と純利益には、遊技機販売以外の損益も含まれています。

昨年の「CRルパン三世」以降、大きなヒット機種はないものの1万台程度の機械
を積重ねて手堅く利益を伸ばしており、遊技機メーカーの中では抜群の安定感が
あります。子会社のPGMが手掛けるゴルフ事業も好調に推移し、収益環境として
はかなり良好と言えるでしょう@w@!

4Qは現在稼働中の「CR燃える闘魂アントニオ猪木」と「黄門ちゃま喝」に加えて、
新基準AT機の「麻雀物語3」も控えており、通期純利益の255億円を超えてくる
可能性が高そうデス。問題は来期の業績予想ですが、前作から一年が経過した
「CRルパン三世」の新作が販売計画に含まれるかどうかで会社側が考える利益
ベースが変わってくるため、それぞれ増益と減益という2つのシナリオを想定して
います。

現在2100株ほど持っていますが、通期予想の純利益255億円でPER9.7倍
となっており、今後も強い相場に期待できそうなことから、しばらくはホールドする
予定デス(`・ω・´)


ダイコク電機
-----------------------------------------------------------------
■平成27年3月期第3四半期決算(平成26年4月1日~平成26年12月31日)
売上高    : 446.57億円 (進捗率: 81.2%)
営業利益  :  42.23億円 (進捗率:140.8%)
経常利益  :  43.15億円 (進捗率:143.8%)
3Q純利益  :  27.47億円 (進捗率:137.4%)

■今期会社予想(平成26年4月1日~平成27年3月31日)
売上高    : 550.00億円
営業利益  :  30.00億円
経常利益  :  30.00億円
通期純利益 :  20.00億円

■業績考察
CRユニットの加盟店が10月は+2店舗、11月は+9店舗、12月は+54店舗
となり、12月末までの累計店舗数は369店舗(シェア4.0%)となりました。

≪CRユニット販売の進捗状況≫ 計画見直し:無
daikokudenki_20150301_v2.PNG
※営業利益と純利益には、CRユニット販売以外の損益も含まれています。

設備機器メーカーにとって1番の稼ぎ時である12月の年末商戦は+54店という、
驚異的な伸び率を記録しましたが、前期に比べて収益率が落ちており、純利益は
-30%減の27.47億円となりました。部門別でみてみると、制御システム事業
(遊技機の部材販売)がメーカー側のコスト削減で減収傾向にあり、情報システム
事業(CRユニットなどの設備販売)も他社との価格競争から利益を押し上げにくい
状況となっています。

4Qは例年通り減収減益となる見込みで、「まじかるすいーとプリズムナナエース」
が4月以降に延期されたことから通期純利益は20億円程度になるとみています。
PERは純利益20億円で13倍となっており、遊技機関連のなかでは割安ですが
CRユニットのシェア拡大と、収益率の低下をどうみるかで判断が分かれそうデス。
訂正:「まじかるすいーとプリズムナナエース」は3月2日の導入でした>w<;

個人的には、少なくとも時価総額で300億程度(株価2000円)の価値はあると
思っていますが、そこまで強気になれるほど明るい未来も描けず、現在3500株
ほど抱えていますが今のところ買い増しという選択肢はありません((((;゜Д゜)))

-----------------------------------------------------------------

最後に、遊技機関連メーカーの株価指数を見ておきましょう。数値は2月27日の
終値で算出されており、評価は進捗率や今後の業績見通しを考慮しています。
yuugikikanren_20150227_v1.PNG
これまでダイコク電機を5点にしてきましたが、4点に落としました。CRユニットの
シェア拡大を評価するなら買いだけど、結果がついてこない以上、バリューという
だけで5点を付け続けるのはバイアスが掛かり過ぎだよね@w@;

次回は、「SANKYOの業績下方修正について考察する!」をお送りします。

nice!(4)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ: