So-net無料ブログ作成
検索選択

ダイコク電機、全力買い宣言@w@! [株日記]

【注意】ブログ&HPの内容による利益損益に関しては、一切の責任を負いません。
-----------------------------------------------------------------
いやぁ~どうもです。

パチンコやパチスロを製造している遊技機メーカーの業績は、どの機種がどれだけ
売れたのか把握できれば大体予想することもできますが、CRユニットや玉貸し機
などを販売している設備機器メーカーの場合は、納品先の店舗規模や予算により
売上げが大きく変わってくるため、実際に決算を見るまでは判断がつきません。

ただ、短いスパンで入替えを繰り返すパチンコやパチスロとは異なり、いくつかの
戦略商品を長期間にわたって販売していくため急激に売上げが落ちることもなく、
良くも悪くも安定的な業界といえます。しかしそんななか、今期1Q決算が驚くほど
良かった企業が出てきました。今回取り上げるダイコク電機デス(`・ω・´)

ダイコク電機はホール向けコンピュータシステム(いわゆるホールコン)の最大手
で業界シェアの約4割強を占めています。一般ユーザーのなかにもダイコク電機
という会社名は知らなくても、データロボやDK-SIS(エスアイエス)という名前を
耳にしているひとは多いと思います。

今期はCRユニットとセットで販売しているデータ表示機「VEGASIA(ベガシア)」
が好調らしく、実際にホールさんで見かけた方もいるのではないでしょうか?
DK_VEGASIA.PNG
すごく煌びやかで見やすそうですね@w@!

ではここで、ホールさん向け設備機器メーカー5社の1Q決算を比べてみましょう。
(株価指数は8月24日の終値で算出しており、PERは1Qまでの数値デス。)
sk_20120826.PNG
どこの数値を重視するかによって見方が変わってきますが、1Qだけで12.5億円
を稼ぎ出しているダイコク電機の凄さが見て取れると思います。これには特別利益
などが含まれてないことから、このまま順調に4Qまでいけば通期PERはバリュー
すぎる5倍を割込む水準デス。(純利益60億円なら4倍も割ってきます。)

もちろん2Q以降にかけて業績が悪化する可能性もありますが、高額な戦略商品
を長期間にわたって販売していくビジネスモデルのため、しばらくは好決算が続く
のではないかと考えています(`・ω・´)

~株価チャート~
dk_20120526.PNG
ここ1年で2倍ちかくも値上がりしており、いま買うと高値掴みになりそうなチャート
ですが、業績に基づいた値動きなので強気に考えています。現在、大和とSBIで
3600株ほど拾っていますが、安い場面があればまだまだ買っていくつもりデス。
とりあえず、目先の目標株価は欲張って1800円ぐらいかな@w@;

利益損益に関しては、一切の責任を負いません。ではぁ。。。

「喰霊-零-バブル到来?」 オーイズミ1Q決算を考察する@w@! [決算考察]

【注意】ブログ&HPの内容による利益損益に関しては、一切の責任を負いません。
-----------------------------------------------------------------
いやぁ~どうもです。

先月、東京秋葉原でファンミーティングが行なわれた「パチスロ喰霊-零-」ですが、
これまでにないほど受注が伸びているらしく、オーイズミは納品を9月から10月に
1ヶ月延期して、大量受注に備えているようです。

当初の予定では、「初期ロット5000台+受注生産」でしたが、ホールさんからの
引き合いが強く、初期ロット分だけで1万台近くになると思われ、2010年に販売
された「パチスロひぐらしのなく頃に祭」を超える大ヒットになることは確実な情勢
デス(`・ω・´)

ではここで、「パチスロ喰霊-零-」の販売価格をみてみましょう。
garei_zero_kakaku_v2.PNG
価格データは、いつも自分が参考にしている十輪さん(http://towa-aaa.jp/
での販社価格になります。さまざまな値引きがあるものの、実勢価格は35万円
程度と考えてよいでしょう。他社に比べてかなり安く設定されており、正直もっと
高くしても売れる機種だったと思います。続いて、先週末に発表された1Q決算を
考察していきます@w@!


オーイズミ
-----------------------------------------------------------------
■平成25年3月期第1四半期決算(平成24年4月1日~平成24年6月30日)
売上高    : 25.28億円 (進捗率:26.7%)
営業利益  :  2.10億円 (進捗率:28.2%)
経常利益  :  2.33億円 (進捗率:31.5%)
1Q純利益  :  1.49億円 (進捗率:34.5%)

■今期会社予想(平成24年4月1日~平成25年3月31日)
売上高    : 94.60億円
営業利益  :  7.45億円
経常利益  :  7.40億円
通期純利益 :  4.32億円

■業績考察
事業規模の小さな会社なので他社に比べれば地味ですが、通期計画を上回る
進捗率で上方修正も期待できる良い決算でした。「パチスロ喰霊-零-」は3Qで
計上されるため、来年2月まで反映されませんが、初期ロットの1万台で売上げ
35億円程度、純利益ベースで2億円程度が上積みされることになります。

あとはどれだけ追加需要があるのか、といったところが注目ポイントになりますが、
「パチスロひぐらしのなく頃に祭」のように、増産に次ぐ増産となれば2万台クラス
も夢ではなく、株価に大きく影響してくることは言うまでもありません。ただし増産
ナシの1万台で終わってしまうと、インパクトは限られたものになるでしょう。

オススメ喰霊-零-動画@w@!

BIGボーナスで流れる「Paradise Lost」です。ほぼ毎日聞いているぐらいかなり
良い曲なんですが、これをみてアニメの方も見たくなりました(≧∇≦)

-----------------------------------------------------------------

遊技機メーカーと、この業界に関連する上場企業のPER指数を一覧表にしました。
PERは8月13日の終値で算出されています。(管理人評価は、進捗率や今後の
業績見通しなどを考慮しています。)
20120813_1Q.PNG
ポジショントークになりますが、ダイコク電機を藤商事と同様に「評価5」としました。
ちょっと稼ぎすぎじゃないかと思うぐらい、驚異的な利益を1Qで叩き出しています。
このままいくと通期PERは5倍割れもありそうで、ゲームカード以上のバリュー株
になりそうです。今期からパチスロ機製造にも乗り出すとか、、、((((;゜Д゜)))

「パチスロ喰霊-零-」の導入日は10月8日デス。会社を休んででも打ちに行くこと
をオススメしますよ(ちょw ではぁ。。。

【2013-1Q決算】 パチンコ・パチスロ企業 決算考察@w@! [決算考察]

【注意】ブログ&HPの内容による利益損益に関しては、一切の責任を負いません。
-----------------------------------------------------------------
いやぁ~どうもです。

今回は先日の藤商事に引続き、遊技機メーカー3社+関連企業2社の1Q決算を
みていきたいと思います。最後には、株価指数の一覧もありますよ(゚∀゚)


セガサミーホールディングス
-----------------------------------------------------------------
■平成25年3月期第1四半期決算(平成24年4月1日~平成24年6月30日)
売上高    :  699.80億円 (進捗率:14.9%)
営業利益  :   54.15億円 (進捗率: 8.2%)
経常利益  :   46.86億円 (進捗率: 7.2%)
1Q純利益  :   25.44億円 (進捗率: 6.4%)

■今期会社予想(平成24年4月1日~平成25年3月31日)
売上高    : 4700.00億円
営業利益  :  660.00億円
経常利益  :  650.00億円
通期純利益 :  400.00億円

■業績考察
4月1日以降に販売した分の「モンスターハンター」が3.8万台、「コードギアス」
が3.1万台、「アイドルマスター」が1万台、その他パチンコ機が2.3万台ほど
売れて計画通りの1Q決算となりました。なかなか素晴らしい決算ですが、2Qは
インチキ申請問題の影響で、パチスロ機は「リングにかけろ(4万台)」の1機種と
なっており、お盆前商戦は何も販売できずに終わりました((((;゜Д゜)))

セガサミーの今期販売目標は、パチンコ機が45万台、パチスロ機が47.3万台
の計92.3万台ですが、1Q時点で10.5万台であり、これに2Q分を加算しても
16万台程度にしかなりません。昨年の北斗(16.9万台販売)みたいに1機種で
10万台以上稼げる注目機があれば良いですが、スペックダウンが避けられない
鬼武者や蒼天に、その台数を期待するのは難しいでしょう(´・ω・`)

セガサミーは大好きだし、里見社長も尊敬してますが、これだけ市場環境が変化
しているなかで、このインチキ申請問題が「影響ナシ」と結論付けることはできず、
最低限、これから販売されるパチスロ機がユーザーに受け入れられるスペックで
あることを確認できるまでは、ネガティブな目線で見ていくことになります。


ユニバーサルエンターテインメント
-----------------------------------------------------------------
■平成25年3月期第1四半期決算(平成24年4月1日~平成24年6月30日)
売上高    : 213.71億円 (進捗率:22.3%)
営業利益  :  77.23億円 (進捗率:24.7%)
経常利益  :  98.34億円 (進捗率:31.4%)
1Q純利益  :  68.37億円 (進捗率:35.2%)

■今期会社予想(平成24年4月1日~平成25年3月31日)
売上高    : 959.00億円
営業利益  : 313.00億円
経常利益  : 313.00億円
通期純利益 : 194.00億円

■業績考察
1Qでは「バジリスク2」を5万台販売し、売上げ、利益ともに大きく稼ぐことができ
ました。文句ナシの素晴らしい決算デス(`・ω・´)

インチキ申請問題の影響は、セガサミーとは対照的にポジティブに見ています。
理由は2点あり、すでに「バジリスク2」を販売していることと、「ドンちゃん祭」が
検定済であることが挙げられ、目標の5万台から更なる上積みも期待できます。
たまたま販売スケジュールと規制時期がズレただけなのですが、もの凄く影響
が大きかったと思います。

1Qと2Qで5万台ずつ販売すれば、これだけで売上げ400億円であり、いまの
株価水準なら3Q以降が赤字でなければ、通期PERは割安すぎる12倍デス。
もしここから叩き売られるような場面があれば、全力で買っちゃいましょう!!


SANKYO
-----------------------------------------------------------------
■平成25年3月期第1四半期決算(平成24年4月1日~平成24年6月30日)
売上高    :  228.64億円 (進捗率:10.9%)
営業利益  :   12.17億円 (進捗率: 2.4%)
経常利益  :   18.05億円 (進捗率: 3.4%)
1Q純利益  :    9.47億円 (進捗率: 2.7%)

■今期会社予想(平成24年4月1日~平成25年3月31日)
売上高    : 2100.00億円
営業利益  :  500.00億円
経常利益  :  530.00億円
通期純利益 :  350.00億円

■業績考察
5月に強気な業績見通しを発表して注目されたSANKYOですが、1Q実績では
48896台の販売にとどまり、厳しい決算になりました。2Qでは、現在稼動中の
「CRF創聖のアクエリオン3」が7万台、1週間経たずに稼動が消えた「CR戦国
BASARA3」が2万台、5000台クラスのパチスロ機が3機種ほどありますが、
今期目標が62万台(パチンコ機:43.2万台、パチスロ機:18.8万台)である
ことを考えると、まだまだ足りません((((;゜Д゜)))

通期予想をみると、3Q以降にエヴァなどの主力機種を持ってきて挽回するよう
ですが、前作みたいにまた10万台売れるとも限らず、このままでは下方修正は
避けられないでしょう。SANKYOは、ここ数年マーケティング重視の機種作りを
してきましたが、とてもそれが活かされているように思えず、開発体制に問題が
あるとしか思えません(´・ω・`)


ゲームカード・ジョイコホールディングス
-----------------------------------------------------------------
■平成25年3月期第1四半期決算(平成24年4月1日~平成24年6月30日)
売上高    : 101.01億円 (進捗率:27.3%)
営業利益  :  12.47億円 (進捗率:65.6%)
経常利益  :  12.58億円 (進捗率:69.9%)
1Q純利益  :   7.08億円 (進捗率:64.4%)

■今期会社予想(平成24年4月1日~平成25年3月31日)
売上高    : 370.00億円
営業利益  :  19.00億円
経常利益  :  18.00億円
通期純利益 :  11.00億円

■業績考察
前回、低すぎる業績見通しを発表して株価が急落したゲームカードですが、1Q
決算は順調そのものでした。前にも書きましたが、周辺機器はシェアが高ければ
高いほど有利に働く傾向があり、劇的に市場規模が小さくならない限り、一気に
売上げが落ちるようなことは考えられません(`・ω・´)

このままいけば上方修正がほぼ確実で、管理人予測の通期PERは7倍程度に
なります。キャピタルゲインで利益を取れる銘柄ではありませんが、株主優待も
あるので、安いところがあれば迷わず拾っちゃいましょう!!しかし慎重すぎる
業績予想は、見方によっては投資家を欺くことにもなりかねず、上場企業として
もっと配慮すべきだと思います@w@;


フィールズ
-----------------------------------------------------------------
■平成25年3月期第1四半期決算(平成24年4月1日~平成24年6月30日)
売上高    : 211.45億円 (進捗率:18.4%)
営業利益  :   2.83億円 (進捗率: 2.0%)
経常利益  :   5.74億円 (進捗率: 4.0%)
1Q純利益  :   3.42億円 (進捗率: 4.7%)

■今期会社予想(平成24年4月1日~平成25年3月31日)
売上高    : 1150.00億円
営業利益  :  140.00億円
経常利益  :  145.00億円
通期純利益 :   73.00億円

■業績考察
ロデオの「モンスターハンター」を3.9万台、ビスティの「CRエヴァ7(甘パチ)」を
2.1万台販売し、まずまずの1Q決算を出すことができました。今期は鬼武者の
後継機に、京楽と業務提携して立ち上げた「オッケー.」のパチンコ機を販売する
ことになっており、期待して良さそうデス。ただ、通期予想が高く設定されている
ので、更なるサプライズを期待するのは難しいとみています@w@;

-----------------------------------------------------------------

遊技機メーカーと、この業界に関連する上場企業のPER指数を一覧表にしました。
PERは8月3日の終値で算出されています。(管理人評価は、進捗率や今後の
業績見通しなどを考慮しています。)
20120804_1Q.PNG
これまでセガサミーの売りと、オーイズミの買いを推奨してきましたが、目標株価
に達したので、現在は様子を見ながら売買しています。何気にサン電子の決算が
良すぎて驚きました。

次回は、「喰霊-零-バブル到来?オーイズミ決算を考察する!」をお送りします。
ではぁ。。。