So-net無料ブログ作成

【2017年 期末決算②】 パチンコ関連株 決算考察@w@! [決算考察]

【注意】 株取引はご自身の判断と責任で行っていただきますようお願いします。
-----------------------------------------------------------------------
いやぁ~どうもです。

だいぶ遅くなってしまいましたが、前回に引続いてパチンコ関連株の期末決算
を考察していきたいと思います@w@;


平和
-----------------------------------------------------------------------
■平成29年3月期決算(平成28年4月1日~平成29年3月31日)
売上高    : 1862.18億円
営業利益  :  365.99億円
経常利益  :  356.55億円
通期純利益 :  270.58億円

■今期会社予想(平成29年4月1日~平成30年3月31日)
売上高    : 1752.00億円 (前年比  -5.9%)
営業利益  :  321.00億円 (前年比 -12.3%)
経常利益  :  307.00億円 (前年比 -13.9%)
通期純利益 :  208.00億円 (前年比 -23.1%)

≪遊技機販売の進捗状況≫
heiwa_20170517_v1.png
決算累計は前期実績で、通期目標は今期見通しとなっています。

≪主な販売タイトル≫
heiwa_20170517_sales_v1.png

■業績考察
4Qは看板タイトルの「CR戦国乙女 花」を中心に販売し、パチンコとパチスロ
を合わせて、56750台となりました。通期では273714台を売上げましたが、
当初の販売計画から-6.6万台ほど下回り、前年実績と比べても大きく減少
しています。純利益は減益になりやすい4Qで+36億円ほど積上げし、通期
目標の300億円までは届かなかったものの、270.58億円でした。

今期は遊技機事業において新台需要の低下による減収減益を想定しており、
通期で24万台(パチンコ18万台+パチスロ6万台)を見込んでいるようデス。
気になるポイントとしては、パチスロ販売が新5.9号機へ切替る10月以降に
3機種で3.6万台を予定している事から、2万台クラスの機械(開発期間的に
ガールズ&パンツァー2?)が用意されていると思われます。今のところ1Qは
導入ベースで「CR戦国乙女 花(甘デジ)」が約3400台、「CR南国育ち羽根」
が約3300台、「黒神」が約1100台、「銀河鉄道999」が約8000台となって
いるため、2Qで8万台ほど売らなければ半期目標はクリアできないでしょう。

純利益見通しは前期ベースから-23%ダウンの208億円となっており、やや
保守的に見過ぎているようにも思えますが、1Qでの販売状況を考えると強気
にはなれず、今後の投入タイトルを見ながら検討していく感じになりそうデス。
PERは2420円で11.6倍しかなく指数だけ見れば割安ですが、ここは大人
から評価されない銘柄のため、これぐらいが適正水準かもしれません>w<;


SANKYO
-----------------------------------------------------------------------
■平成29年3月期決算(平成28年4月1日~平成29年3月31日)
売上高    : 814.55億円
営業利益  :  50.59億円
経常利益  :  38.32億円
通期純利益 :  17.77億円

■今期会社予想(平成29年4月1日~平成30年3月31日)
売上高    : 970.00億円 (前年比  19.1%)
営業利益  :  81.00億円 (前年比  60.1%)
経常利益  :  87.00億円 (前年比 127.0%)
通期純利益 :  58.00億円 (前年比 226.4%)

≪遊技機販売の進捗状況≫
sankyo_20170528_v1.png
決算累計は前期実績で、通期目標は今期見通しとなっています。

≪主な販売タイトル≫
sankyo_20170528_sales_v1.png
「機動戦士Zガンダム」は4月以降に導入されていますが、決算資料に前期分
として記載されていたため、出荷ベースでカウントしています。

■業績考察
4Qは「CRFクィーン」、「CRF倖田來未5」、「ヱヴァンゲリヲン勝利への願い」
など10タイトルを投入しましたが、どれも販売目標を大きく下回る結果となり、
34415台に留まりました。通期では205913台と、辛うじて20万台を超えて
いるものの前期実績から-45%ダウンし、純利益は持分法適用会社である
フィールズの減損分が引かれて、17.77億円に落ち込みました。

今期はパチンコとパチスロを合わせて265200台を計画しており、前期実績
に6万台を加えた販売目標となっています。1Qでは「マクロスフロンティア3」
が約8000台、6月5日から「CR新夏祭り(2タイプ)」が導入されており、その
他にも甘デジの「CRヱヴァンゲリヲン11」と「CRF倖田來未5」が控えている
ようデス。

通期の純利益見通しは例年以上に慎重な数値となっており、58億円を計画
しています。現状の市場規模を考えれば仕方ない部分もありますが、経営層
がこの低すぎる利益水準について危機感を持っていない事が大問題であり、
時価総額3000億円を超える企業として、中期経営計画ぐらい策定するべき
でしょう。パチンコ市場が縮小していく中で、いつまで経っても開発プロセスの
改善と、コスト低減しか提示できないSANKYOに大事なお金を投資する価値
はないよね((((;゜Д゜)))


藤商事
-----------------------------------------------------------------------
■平成29年3月期決算(平成28年4月1日~平成29年3月31日)
売上高    : 329.53億円
営業利益  : -22.71億円
経常利益  : -22.80億円
通期純利益 : -19.44億円

■今期会社予想(平成29年4月1日~平成30年3月31日)
売上高    : 500.00億円 (前年比 151.7%)
営業利益  :  25.00億円 (前年比は赤字のため対象外)
経常利益  :  25.00億円 (前年比は赤字のため対象外)
通期純利益 :  17.00億円 (前年比は赤字のため対象外)

≪遊技機販売の進捗状況≫
fujisyouji_20170611_v1.png
決算累計は前期実績で、通期目標は今期見通しとなっています。

≪主な販売タイトル≫
fujisyouji_20170611_sales_v1.png
甘デジの「CRA遠山の金さん」はミドルタイプから差引いた台数であり、「CR
世界でいちばん強くなりたい!」は期ズレ分が2300台ほどあります。

■業績考察
4Qは「CR緋弾のアリア2」を販売しましたが、MAXタイプの撤去後から新台
を買い控える傾向が強まった事もあり、わずか1万台の導入に留まりました。
純利益は2Qを除いて赤字となり、通期だと-19.44億円でした>w<;

今期は、遊技機全体で13万台(パチンコ10.5万台+パチスロ2.5万台)を
計画しており、パチンコは7月上旬に導入される「CRリング 終焉ノ刻」を見て
からの判断になりそうデス。今のところ1Qは「CR萌エキサイト」が約600台、
「呪怨」が約3000台となっており、6月19日からは「CR萌え萌え大戦争」と
「リング 終焉ノ刻(パチスロ)」が予定されています。

純利益見通しは17億円となっており、現在の株価水準を維持するためには
もう少し利益が欲しいところですが、配当利回りで年率4.4%を超えており、
ここからの下値も大した事がないでしょう。特に買う理由もないし、売る理由も
ないといった感じデス(´・ω・`)

-----------------------------------------------------------------------

最後にパチンコ関連株の株価指数を見ておきましょう。数値は6月9日(金)の
終値で算出していて、評価は業績動向や進捗率を考慮しています。
pachinko_kanren_kabu_20170611_v1.png
正直、パチンコ関連株に買いたくなるような銘柄はないよね((((;゜Д゜)))

次回は、「株主総会に行こう!」をお送りします@w@ノシ

nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 4

コメント 2

セラ

パチ関連厳しいっすね~


by セラ (2017-06-12 22:41) 

あるまに

あと二年ぐらい待てば、いろいろ明るい話題も出てくると思いますが、
今期はダメダメですね>w<;

by あるまに (2017-06-12 23:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0