So-net無料ブログ作成
検索選択

【2017年2Q決算②】 パチンコ関連株 決算考察@w@! [決算考察]

【注意】 株取引はご自身の判断と責任で行っていただきますようお願いします。
-----------------------------------------------------------------------
いやぁ~どうもです。

遅くなってしまいましたが、前回に引続きパチンコ関連株の2Q決算を考察して
いきたいと思います。


SANKYO
-----------------------------------------------------------------------
■平成29年3月期第2四半期(平成28年4月1日~平成28年9月30日)
売上高    :  318.21億円 (進捗率:35.4%)
営業利益  : -16.84億円 (進捗率:赤字のため対象外)
経常利益  : -17.57億円 (進捗率:赤字のため対象外)
2Q純利益  : -16.03億円 (進捗率:赤字のため対象外)

■今期会社予想(平成28年4月1日~平成29年3月31日)
売上高    : 1350.00億円 ⇒ 900.00億円 (下方修正)
営業利益  :  160.00億円 ⇒  30.00億円 (下方修正)
経常利益  :  168.00億円 ⇒  40.00億円 (下方修正)
通期純利益 :  111.00億円 ⇒  25.00億円 (下方修正)

■業績考察
2Qでは「CRF a‐nation」を15500台、「CR鉄拳2 闘神VER」を15500台、
「CRヱヴァンゲリヲン10」を11900台、「戦姫絶唱シンフォギア」を6630台、
その他に「CRパトラッシュJ GREEN」、「CRFアクエリオンEVOL(甘デジ)」、
「ちょいパチアクエリオンEVOL」、「CRF機動戦士ガンダム(甘デジ)」、「CRF
a‐nation(ライト)」、「CRヱヴァンゲリヲン9」を販売して、9月末までの累計は
パチンコ機が77688台、パチスロ機が11545台となりました。

≪遊技機販売の進捗状況≫  計画見直し:有(1回目)
sankyo_20161128_v1.png
※営業利益と純利益には、遊技機事業以外の損益も含まれています。

大量10機種の投入となりましたが、新規3タイトル以外はスペック変更による
再販となっており、そのうち「CRヱヴァンゲリヲン」の2機種はMAXタイプとの
リユース対象として約15万円で販売されています。2Qの遊技機販売は「CR
鉄拳2 闘神VER」と「戦姫絶唱シンフォギア」が営業目標をクリアしたものの、
「CRF a‐nation」が3万台に対して半分程度しか売れず、69093台に留まり
ました。純利益は1Q決算よりも少しだけ改善しましたが黒字転換まで至らず、
通期見通しは111億円⇒25億円に下方修正されています(´・ω・`)

3Qは導入状況から予想して、「CRFバニー&バニー(2タイプ)」が約900台、
「CRFタイガーマスク3」が約15500台、12月から「CRヱヴァンゲリヲン11」、
「涼宮ハルヒの憂鬱」が予定されています。営業目標では合わせて10万台を
見込んでいるものの、大量導入が期待できる「CRヱヴァンゲリヲン11」でさえ
5万台に届かない可能性があり、3Qは7.5万台程度になると見ています。

株価は赤字決算と下方修正を受けて3500円を割り込むまで売られましたが、
トランプショックで暴落した時も投げられる様子はなく、下値では拾われていた
事から配当利回りを意識した大人の買い圧力が相当強いとみて良いでしょう。
下方修正によってPERは127倍まで跳ね上がりましたが、下値はガチガチで
上値も期待できないため、投資妙味はあまりないと思います。ただし、年末に
かけてパチンコのMAXタイプが撤去される事で、爆裂機を得意とするメーカー
の市場シェアが激変する可能性もあり、早くからミドルやライトミドルの開発を
進めてきたSANKYOにも復活の芽はありそうデス。あまり期待してませんが、
投資タイミングを逃さないようにチェックだけはしておきたいよね(`・ω・´)


平和
-----------------------------------------------------------------------
■平成29年3月期第2四半期(平成28年4月1日~平成28年9月30日)
売上高    :  936.33億円 (進捗率:45.6%)
営業利益  :  232.75億円 (進捗率:59.7%)
経常利益  :  228.19億円 (進捗率:60.5%)
2Q純利益  :  147.58億円 (進捗率:49.2%)

■今期会社予想(平成28年4月1日~平成29年3月31日)
売上高    : 2052.00億円
営業利益  :  390.00億円
経常利益  :  377.00億円
通期純利益 :  300.00億円

■業績考察
2Qは「ルパン三世 消されたルパン」を17431台、「CRドラム黄門ちゃま」を
14446台、「南国物語SPECIAL」を9594台、「ロストプラネット」を7024台、
その他には「CR逆転裁判(甘デジ)」、「ちょいパチJAWS」、「CRAガールズ
&パンツァー(甘デジ)」、「CR烈火の炎2(ライトミドル)」を販売し、これまでの
累計はパチンコ機が70550台、パチスロ機が63354台となりました。

≪遊技機販売の進捗状況≫  計画見直し:無
heiwa_20161128_v1.png
※営業利益と純利益には、遊技機事業以外の損益も含まれています。

「ルパン三世 消されたルパン」と「ロストプラネット」が営業目標を超えられず、
遊技機の販売台数は中間計画の16.2万台に対して3万台ほど足りなかった
ものの、堅調なゴルフ事業のサポートもあり、純利益は147.58億円となって
います。

3Qは既にホール導入済みの「CRルパン三世 Lupin The End」が約7万台
(予想数値)、12月には「CR烈火の炎2(甘デジ)」、「CRルパン三世 不二子
におまかせ(ライトミドル)」が予定されています。今回でシリーズ9作目となる
「CRルパン三世 Lupin The End」はホールの稼働率も良好で、導入6週目
でありながら中古取引きではプレミアが付くほどの高い評価を受けています。
今のところ増台に踏切る動きは見られないものの、新基準パチンコ機としては
唯一の高稼働機種であり、年末にかけてMAXタイプが撤去される事で新たな
需要(=追加生産)に繋がる可能性も考えられます(`・ω・´)

今期の通期純利益は300億円を予定しており、4Qでは「CR戦国乙女 花」と
「弱虫ペダル」が控えている事から、特に不安な点は見当たりません。株価は
1Q決算前に比べて15%ほど上昇していますが、これでもPER8.1倍という
驚異的なバリュー水準となっています。自分は少しだけ買い戻して1500株に
なりましたが、「CRルパン三世 Lupin The End」の動向次第ではポジション
の引上げを検討しなければならないでしょう。昨年に続いて、個人投資家向け
の「野村IR資産運用フェア2016」に出展するらしく、もし休みが取れたら話を
聞いてこようと思います@w@!


ダイコク電機
-----------------------------------------------------------------------
■平成29年3月期第2四半期(平成28年4月1日~平成28年9月30日)
売上高    : 201.87億円 (進捗率:40.4%)
営業利益  :   6.05億円 (進捗率:60.5%)
経常利益  :   7.06億円 (進捗率:70.6%)
2Q純利益  :   3.29億円 (進捗率:54.8%)

■今期会社予想(平成28年4月1日~平成29年3月31日)
売上高    : 500.00億円
営業利益  :  10.00億円
経常利益  :  10.00億円
通期純利益 :   6.00億円

■業績考察
2Qは新台のリリースがなく、1Qに「ミルキィホームズTD」を8800台販売して
います。

≪遊技機販売の進捗状況≫  計画見直し:有(1回目)
daikokudenki_20161128_v2.png
※営業利益と純利益には、遊技機事業以外の損益も含まれています。

≪CRユニット販売の進捗状況≫
daikokudenki_20161128_v1.png
※営業利益と純利益には、遊技機事業以外の損益も含まれています。

今年4月に販売した「ミルキィホームズTD」が伊勢志摩サミットの駆込み需要
も手伝って8800台の売上げとなり、1Q決算の純利益は通期見通しを上回る
9.08億円となりましたが、2Q決算では利益を落とし3.29億円に目減りして
います(´・ω・`)

ダイコク電機は2012年にCRユニット市場へ参入するまで、ゲームカード社の
代理店としてCRユニットを販売してきましたが、それを自社開発に切り替えて、
高いシェアを誇るホールコンとの親和性を高めてセット販売する事により、これ
まで業績を伸ばしてきました。しかし、前々期あたりから利益を伸ばせなくなり、
前期に至っては大きな赤字を計上するまで悪化しています((((;゜Д゜)))

原因としては、以前から減収傾向にあった制御システム事業(遊技機メーカー
向けの部材販売)が足を引張り、情報システム事業(ホール向けの設備販売)
の利益を奪っているためデス。DAXEL(100%子会社)の遊技機部門は制御
システム事業に含まれており、現状はパチスロ機の売行きによって赤字幅が
増減し、それが収益に直結していると考えた方がわかりやすいでしょう。

株価は、2Q決算で売られた分を取り戻す動きで1600円台を回復しましたが
PERは41倍(純利益6億円)となっており、もの凄く割高な水準デス。11月に
導入された「ウィッチクラフトワークス」が2100台ぐらい(予想数値)に留まって
いる事を考えれば期末にかけて上方修正は難しく、魅力的な株主優待効果で
株価は堅調ですが、本来の適正水準は1200円ぐらいだと思っています。

-----------------------------------------------------------------------

最後にパチンコ関連株の株価指数を見ておきましょう。数値は11月25日(金)
の終値で算出していて、評価は業績動向や進捗率を考慮しています。
pachinko_kanren_kabu_20161128_v1.png
1Q決算では伊勢志摩サミットの影響もあり、パチンコ関連の9社が赤字でした
が、2Q決算は3社にまで減少しました。業界の先行きを疑う声も多かったので
とりあえず安心しました。

ではぁ@w@ノシ

nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 8

kid

更新お疲れさまです。

ユニバーサルのオカダマニラ開業まで1ヵ月をきり、今週からユニバーサル公式Twitterでのお知らせ祭りに期待しているkidです。(^-^)

しかし、相場が強いですね~
業績からはSANKYOもダイコクも売りなんでしょうし、金銭機械も買われ過ぎなのでしょうが、下がらんですね(;^^
金銭機械に至っては下手に売ると一気に担がれそうで怖いですね、素直に業績の良いところを買う。というスタンスが正解なのですかね~(^-^)

by kid (2016-11-28 12:40) 

セラ

kidさん同様でユニバ期待モード中(^^♪

ダイコク、日金銭、+オーイズミと売り目線なんですが、容易に売れない相場ですね。。
ピクセルの動きを見せられると躊躇してしまいます。

オカダマニラはガイアの夜明けとかでやらないかなぁ~
by セラ (2016-11-28 20:54) 

臭男

どうもです。いつも見やすくまとめてあって非常にありがたいです。

北斗修羅なんですけど、ここまでズッコケるとは思いませんでしたよ(;´Д`)
台数が多いって言いましても強敵よりちょこっと多いくらいですし、やっぱり傾斜地2枚規制と主基盤制御のダブルパンチはかなり厳しいですね。
里見会長は主基盤容量の拡大を陳情していると言ってましたが、5.9号機への移行が控えてる今そこが緩和される可能性は相当低いでしょうね(´・ω・`)

今年のパチスロ販売台数は前年比3割減だったみたいですが、修羅の結果を見ると今年が底だとは到底思えません。
来年も3割減ってしまうのではないでしょうか((((;゚Д゚))))
パチンコみたいに旧基準機が強制撤去とならないのもメーカーとしては痛いですね。
ホールは当たりなしの新基準機入れるなら旧基準機の中古入れますよ…
パチスロメーカー暗黒の時代ですかね。
来年度は先日の京楽の決算みたいな事がザラなんてことにはまさか((((;゚Д゚))))

とりあえず今日導入のバジリスクⅢが当たる事を祈っています…(´・ω・`)
by 臭男 (2016-11-29 05:47) 

あるまに

kidさん、どうもです。

オカダマニラの開業までもう少しですが、実はあまり実感がないというのが
正直なところだったりします。実際にオープンしたら話題になると思うので、
株価も上がれば嬉しいですね@w@!

日本金銭機械は初めからIR法案が成立しないと思っているので、ここらで
3000株ぐらい売って半年放置しても良いかな?と考えています。IR議連
の政治家たちはこれまで散々政治献金を受けてきたので、いつかは法案
成立に持っていくと思いますが、もし今回が駄目でも支援を打ち切られる
わけではないので表向きはアピールしつつも、そこまで真剣に取り組んで
いない気がします。「来年もカジノネタで資金を引っ張れるな!」と考える
政治家もいそうだよね((((;゜Д゜)))


セラさん、どうもです。

カジノ関連は材料次第でいきなりストップ高まで駆け上がる可能性がある
ので、怖いですよね。今のところ値動きがあるため上手く取れていますが、
コツコツドカンとならないように気をつけたいと思います@w@;

国内カジノの機運が高まれば、ユニバーサルやセガサミーが経済番組で
取り上げられる可能性もあり、もしそうなれば、株価にも大きく影響しそう
デスw


臭男さん、どうもです。

「北斗の拳 修羅の国篇」は酷い結果になりましたね。初めは台数が多い
から動きが鈍いのかと思ってましたが、中古価格をみて愕然としました。
「BLOOD+ 二人の女王」も酷かったですが、やはり根本的な問題として
旧基準機と新基準機の共存は難しいという事でしょうか(´・ω・`)

現状ホールさんも新基準機に当たりがない事を理解しつつも、とりあえず
集客イベントも兼ねて新台入替をしている状況だと思います。ただ、結果
がついて来なければ見送るホールさんも出てくるわけで、信頼をお金に
変えて利益の先食いをしているのと変わらないですよね。うーん=w=;

by あるまに (2016-11-30 03:34) 

臭男

BLOOD+に関しましてはまともに運用しようと考えてるホールさんはほとんど無かったと思うのでまぁしょうがない結果じゃないですかね(;・∀・)
パチスロ最強版権の北斗の有様と最近のまどか2の失速っぷりを見ましても、新基準機でヒット機種を出すのは本当に厳しいと感じてます。
自分として新基準機は出玉規制よりも主基盤制御の方がダメージが大きいのでは?と感じています。
ユニバはアステカとまどか2、サミーはコードギアスと修羅、今後予定されている牙狼もみたいですが、メーカー事にかなり似通ったゲームフローになってしまっていて機種ごとに尖った特長を出す事が出来ていません。
あとこれは個人的な主観なんですが、やはりゲーム性に単調感が隠し切れないと感じます。
単調感を感じるのは例えば【ART中の上乗せテーブルが1個しかなくしかも全設定共通】みたいな細かな味付けの部分で感じるわけですが、自分はそういった細かな部分で出玉の期待感も設定の期待感もかなり削がれてしまってます。
メーカーはそれを意識してか最近の台は設定示唆演出をかなり多めにしてきていますが、夜からのサラリーマンのお客さんは終了画面でレインボートロフィー出るよりもPUSH331Gドゴーンの方が絶対に脳に刺さる訳で(´・ω・`)
出玉に関係ある設定差を引いた所が一番の脳汁ポイントだと個人的には思ってます。
しかしそんなものは絶対に認めない真の地獄となる5.9号機はまだこれから((((;゚Д゚))))

4号機→5号機の時には5号機に完全移行した直後に小役優先制御等の陳情が認められてますので今回もそれに期待するしかないですかね…
あの時はパチスロ人口が右肩上がりの時の規制でしたけど、今は右肩下がり状態でのさらなる規制な訳で、バブル崩壊直後の三重野日銀の政策の様に感じちゃいますよ(;^ω^)

抱き合わせ対象機種がこの体たらくでは、もう抱き合わせなどをできる時代では本当になくなると感じているので、抱き合わせを多用してきたメーカーさんは今後お先真っ暗なんじゃないかと思ってます((((;゚Д゚))))
京楽のように(;´Д`)
by 臭男 (2016-11-30 12:33) 

あるまに

臭男さんのコメントはさすが現役プロだけあって、とても参考になります。

新5.5号機の惨状は、北斗修羅やまどマギ2の稼働率からも伝わって
きますが、このままヒット機種を出せずに5.9号機へ移行しそうな気も
しますね。今のところ5.9号機がどういった感じに仕上がるのか見えて
こないですが、一撃性がなくなり、スペック的に現行機より厳しくなる事
は間違いないでしょうから、ARTよりもRTが主体になっていく可能性も
あるのかな?と思っています。

来期、パチスロメーカーの業績は悲惨な事になりそうですが、それでも
初代エウレカぐらいの機械は作れますし、ユニバーサルとセガサミーは
カジノで利益を上げるシナリオもあるので、今はフラットで考えています。
まあ間違っても明るい未来とは言えませんけど、、、(´・ω・`)

by あるまに (2016-12-05 04:35) 

臭男

バジリスクⅢもダメっぽいですね。まだ決まった訳じゃないですけど(;´Д`)
知り合いの中堅チェーンの役職は、うちはもう新基準機は設置比率3%以上の導入はしませんよと言ってました(バジⅢ8%も入れて動かないのでただの怒りからの発言かも知れませんがw)

今後ARTよりもRTが主体になっていく可能性は自分も高いと思っています。
自分は規則に精通してる訳では無いのでただの想像なのですが、設定差の無いARTをメインに台を作るのはさすがに無理があり、もしARTメインで台を作るとなると5号機初期のアルゼの2段階設定のような機種になってしまうのではないかと。
RTに設定差が付けられるのであればの話ですが(;^ω^)
ARTがあるにせよGOD的なプレミア役扱いになるのではなんて想像してたりします。
5号機の限界にスレが無くなってから規則を学べるところが無くて困ってますよ(´・ω・`)

北電子が上場してたら買うのになぁ~w
by 臭男 (2016-12-05 05:52) 

あるまに

バジリスク3は今のところ稼働率1位を維持しているようですが、やはり
SIS上の数値は強くないらしく、中古価格が悲惨な事になっていますね。
機械自体はそれほど悪くない?という話も聞くので、ここから見直される
事を願っていますが、売り手は年明けまでの機械と見ているのでしょう。
今週導入するホールさんも多いのに、、、@w@;

5.9号機ARTの有利区間がゲーム性にどう影響するのか見えない事
には何とも言えないところですが、メーカーさんも必至に開発していると
思うので、それなりの機械に仕上がってくると思いますよ。来週14日の
野村IRフェアで平和さんに聞いてきます@w@!

北電子株ほしいですよね。でも遊技機メーカーが上場するのは業績が
傾きだしてきた時だと思うので、あり得ないかな。あ、京楽さんならw

by あるまに (2016-12-05 23:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0